スピードラーニングは英語学習の1歩目としては優秀な英語教材!?

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


とりあえず英語を聞き取れるようになりたくて

私はスピードラーニングを購入し、体験しました。何かしながら聞くだけで本当に効果があるのか、疑問でしたけど、手軽さに勝るものはないです。半信半疑でしたが、とりあえず、英語を聞き取れるようになるだけでも進歩という程度の考えでした。
寝る前とか家事をしながらかけっぱなしにして、最初はじめはそれほどの効果は感じられず、まぁ始めたばかりだし、と思っていました。しばらく聞いていると耳が慣れてきて、映画を見ている時に聞き取れることがあったりして、あれ、ちょっと聞き取りできるようになってる!とテンションがあがりました。
耳が慣れるというのは大事なことですよね。言葉を伝えるのは自分が電子辞書とか使ったり身振り手振りでなんとかなるにせよ、相手の言いたいことを聞き取れないと会話が始まらないので。
私は別に英語が得意というわけでもありませんが、昔短期で留学していたことがあります。1ヶ月ほど英語だらけの世界にいました。すると、1ヶ月でも聞き取りが上達し、相手の言っていることがなんとなくわかるようになったのです。
スピードラーニングでは、それの体験を思い出しました。スピードラーニングは留学ほど早く効果はありませんが、3ヶ月くらい続ければ確かに聞き取りはなんとなくできるようになります。
そこで、今度は単語や文法の勉強をテキストで行うことを加えて、スピードラーニングも続けました。単語や文法を勉強すると、やはり英語の聞き取りをしても「なるほどあの文法でこうなるのか」というのがわかります。理解してるっていう気分になると、嬉しくて勉強もはかどりました。
半年くらい続けないと大きな効果はあまり得られないかもしれません。洋画を見るときに字幕に頼らないのは、やはり知っている単語の数によるところがあるので、スピードラーニングで聞き流すだけじゃなくて単語の勉強もしないと上達は遅くなると思います。
ですが、最初からテキストに向かって問題を解くばかりでは続かないので、日常から英語を取り入れて慣れることは大切だと思います。聞き取りから初めて耳を英語耳にしていくのは、とてもいい勉強の仕方だと思います。
他の勉強もしながら、1年くらいやりましたが、今では海外旅行に行くのに抵抗がないくらいは英語に自信がつきました!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop