好きな洋楽を聞くつもりでスピードラーニングを試してみたら効果抜群!

2011年10月31日
LINEで送る
Pocket


CMで気になり試してみたスピードラーニング

テレビCMでよく流れている英会話教材で、興味津々になり試してみました。学習方法は英語を聞き流すだけというもので、それなら英語の曲を聴いているのと一緒ではないかと思えました。
洋楽のポップスやロックでも歌詞が英語であれば、英語で書かれた歌詞が自ずと耳に入ってくるため、歌っているうちに歌詞を覚えてしまいます。ただ、英語の曲では略語が多く使っており、歌い手によって表現がさまざまです。
とくにロックを英語で聴いているとテンポが速く内容のわからない部分がありますが、日本語にすると内容が18禁であったりします。そのためカーペンターズのようにさわやかな英語を用いた曲を聴き流していくほうが、英語をインプットしていくには有効でした。
曲である以上は、私の曲の好みが学習意欲に影響し、自分が好む曲を繰り返すという偏りが発生します。その点、英語教材には独特性が少なく聴きやすくなります。
スピードラーニングのように日常の英語を聴きながしている教材を用いることで、日本の生活を営むうえでは接する機会の少ない英会話というのが伝わってきます。そのため、まず慣れようという方法では、この英語教材はとても活用できるものでした。
スピードラーニングでは英語を聴き流したのち、その意味の日本語が流れてきます。英語を聴き流していくうち、だいたいは内容を理解できませんが、それらをのちの日本語によって翻訳してくれる点で内容が明らかになります。
なんて効率のよい教材ではないかということがわかりはじめました。英語の出問のように、詳細に解説が施された答案欄を読むよりも、ずっとナチュラルな学習法で記憶に残ってくるため、スピードラーニングからは自然な覚え方というものを学ぶことになったといえます。
スピードラーニングの教材の費用は、初回のみ1万円前後で思うよりも安いことがわかりました。最初聞いたとき、はじめやすさを感じざるをえませんでした。運送料を込みで1万円と少しですが、教材のコンテンツを考えるとお買いどくです。

あわせて読みたい記事

pagetop