スピードラーニングは補助教材として考えると効果が上がる!?

2011年10月31日
LINEで送る
Pocket


英語の必要性を感じとりあえず始めてみました

「1日5分、通勤中や何かしながら聞き流すだけで」とはとても魅力的なフレーズです。めんどくさがりにはもってこいですよね。私が購入に踏み切ったのはやはり「スピードランニング」はあまりにも有名でまだマーケットで確実に生きている点。
そんなにうそではないのかなあと。シンガポールに住むことが決まり、英語の必要性を感じとりあえずという感じで購入。初回は9870円の送料無料ていうのもコストパフォーマンスは悪くないし。
最初は本当に聞き流すだけでした(笑)。だいたい電車に乗っている時から自宅に着くまでの徒歩の道のり。電車では寝ながらも含みます。1ヶ月では何も起こらなかったと思います。それでとりあえず3ヶ月続けてみました。
というかシンガポールに行ってしまったので続けられなくなったというか。そのままそれを持ってシンガポールに。向こうに行ってからはやはり気の張りが違うのか少しづつ何となく英語が聞き取れている気がしました。
何回も同じものを聞いていたせいかもしれませんが。でも「スピードランニング」だけで本当に上達するのかと聞かれるとやはり「イエス」とは言い難いですよね。まず3ヶ月では無理かな。
もう少し時間は必要だと思います。もしご購入をお考えなら半年以上は続けたほうがいいかと。まあ何事もコツコツなんですよね。私の場合はこれと共に シンガポール人の英語が入ってくる状況にもなりプラスはやく英語がわからないといけない。という危機感みたいなものがうまれ相乗効果ですこし聞き取れるようになったと思います。
それとやはり話すこと、口にだしてリピートしたりすると大分違ってくると思います。英語を聞きたいというのがメインですがやはり英語がわかってことの聞き取りですよね。「スピードランニング」は「補助教材」としてはけっこういいと思います。

あわせて読みたい記事

pagetop