スピードラーニングはビジネスマン向けの英語教材!?

2011年10月10日
LINEで送る
Pocket


スピードラーニングはこんな人におすすめ

英語学習って一口に言っても、読む、聞く、話す、書くと4つの事ができないと、英語が出来るってことにはならないのです。英語教材も、本来はそれぞれのジャンルで絞って、上手に選択するべきだと思います。でも、予算と時間が限られているし、4つ全部は無理ってことが本当に多いですよね。
スピードラーニングは、聞き流す式。ということで、主にリスニングが本当に苦手、ネイティブがペラペラっと普通の速さで話しかけてくると、固まるというタイプの人向けだと思います。
英語教材に手を伸ばす人は、すでに意識が高い人が多く、そもそも英語ができる人が多いはずです。日本で英語ができるというのは、すなわち、読む、書くという英語の基本の理解はすでにできている、学校の英語の授業では、特に困らなかったという層の人たちです。
こういう人たちは、英語関係の仕事にがんばってついてしまったりするんですが、実際のビジネスの場面では、読み書き的なことよりも、電話応対とか、商談とか、出張とか、面と向かって聞く話すの仕事も、当然からむので、その際に、何を言ってるかわからない、こんなはずじゃなかったと愕然とするんですね。
聞き流すだけでも、耳に入れば、この教材はそこそこいけます。でも本当は、聞き流さないで、そのたび反復してみるとか、似たようなフレーズを、実際仕事場で使って応用してみるとか、少し工夫していくと、聞き取れるだけじゃなくて、応用して話すことができるっていうところへ持っていけると思います。
その用途でいうと、割によく使うフレーズや表現がたくさんでてきますから、これはよく聞くな、使えそうだなってところは、聞き流さないで、自分でも使ってみる、実際にしゃべってみるっていうのが、実はこの教材のキモではないかと思います。

あわせて読みたい記事

pagetop