スピードラーニングは英語の能力がある人やまじめなヒトには向かない!?

2011年8月29日
LINEで送る
Pocket


スピードラーニングを始めたきっかけ

スピードラーニング体験談高校生の時に購入しました。 私はスピードラーニングとの相性が良かったのだと思います。なぜならとってもズボラだから。本当に、聞き流していました。今はCDを父と母に譲りましたが、彼らはどうしてもちゃんと聞きとろうとしてしまうのか、CDを聞く事自体がなかなか続かないようです。
私は夜寝る時のBGMとしてコンポで流しながら寝るのが日課でした。リラックスできる音楽や、英語と日本語の切り替え時のポーンという音が心地よく、「睡眠学習」などと言ってあまり真面目に聞いた事はありませんでしたが、それが良かったのだと思います。
なんとなくしか聞いていなかった音楽なのに、聞こえてくると反射で歌えたり、意味を認識していないのに歌詞までもが口から出てきたり…という経験は誰にでもあると思います。それと同じ感覚でした。だから、ただ音楽のように、BGMや会話の声を、心地よいと感じながら聞くのがいいんじゃないかと。
効果を実感するのはなかなか難しいと思います。だって日常で英語を使う機会がなかなか無いから。だから、CDの内容に重点を置いて、米国の文化なり人々なりを知るつもりで聞くぐらいが、スタンスとしては楽かも知れません。

海外旅行に向けての予習としても役立つ英語教材

海外旅行に向けての予習としても役立つでしょう。また、単語や文が聞き取れたら真似して言ってみる、という発音練習に活用するのも良いと思います。 それでも、私が効果を実感できなかったわけではありません。
このCD、英語が日本語より大きな音で収録されているようです。最初に聞く時はあまり感じませんが、耳が英語に慣れてくると、英語の音量が大きいな、とふと気付くのです。
また、英語の細かい部分まで聞き取れるようになってくると、小さい音量の日本語が邪魔にさえ感じてきます。スピードラーニングは、会話の流れや自然さを重視しているので、意訳の部分も多いです。私だったらこう訳すのになぁ、なんて余裕も出てきます。
そんな風に余裕が持てるまで何度も何度もCDを聴けたのは、やはり気張らずにBGMとして流していたからだと思います。ある程度英語の能力がある人や、真面目な人には向かないかも知れません。
おすすめなのは、「英語がわかったらかっこいいなぁ」「旅行先で英語がわかれば安心だな」と思っている人。「英会話に慣れる」のが目的の人向けと言えるかもしれません。
  • 総合評価
    評価4
  • 効果・上達
    評価4
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価3


あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop