聞き流すだけでは頭に入らない!スピードラーニング体験談

2011年7月28日
LINEで送る
Pocket


スピードラーニングを選んだ理由

boutasさんのスピードラーニング体験談たくさんある英語教材の中で、スピードラーニングを選びました。理由は石川遼君が宣伝をしていたので、軽い気持ちで購入しました。恐らく、同じ理由で雨上がり決死隊の蛍原さんも使用していたと思います。
私は車で通勤しているので、通勤途中にスピードラーニングを聞いて英語が話せるようになれたらいいなと思ったのです。中学、高校、大学とそこそこ英語の勉強をしてきて、話せるようにならなかったので、CDを聞いたぐらいで英語が話せるようになるとは思ってませんでした。

スピードラーニングの体験しての効果と感想

結果から言うと、話せるようになったわけではありませんが、こういうとき、こう言うのか、程度の英語力はついたと思います。日本という国は、ご存じのように、英語をまったくと言っていいほど使いません。
公用語を英語にする会社が増えているようですが、私の会社にはそんな方針はなく、この先もないでしょう。毎日、車の中で音声に合わせて、発音し少しずつフレーズを覚えていきました。
そんなある日、ふと気づいたです。もし、道で困っている外国人がいても声をかける勇気は私にはありません。この車の中でのみ、ネイティブのような発音で悦に入るわたしですが、その世界は車の中で完結しているのです。
英語が話せない人でも、外国人を助けることはできるはずです。毎日スピードラーニングを聞いているものの、その日から、本当に聞き流すだけになりました。スピードラーニングの売り文句に、聞き流すだけ、というのがありますが、聞き流すだけではまったく頭に入りませんでした。
まだ、外国人と話して、スピードラーニングの効果を試したわけではありませんが、英語は話せるようにはなっていません。しかし、英語についてより興味深くなり、視野が広がったことは評価したいです。
  • 総合評価
    評価4
  • 効果・上達
    評価4
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価3


あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop