理由は!?独学から、通信講座に変更したら英語力が格段に向上!

2012年9月26日
LINEで送る
Pocket


イメトレと実践で覚える英語学習方法

わたしは個人教授とか多額の費用のかかる学習には関心がなかったので、高校生から30代半ばまでずっと独学してきました。通信講座英会話を申し込み、半年間毎日1レッスンずつテキストを見ながらCDを聞き、発音や会話の練習をしました。その後まもなく初めてのアメリカ合衆国旅行へ行き、勉強した会話のフレーズを早速使う機会がありました。 受講した後すぐ使ったのが効果的だったのだと思います。その後も英語を忘れまいと思って、毎月NHKラジオ英会話のテキストを購読しラジオを聞きながら発音や会話のフレーズを練習し続けました。でも英語を話す機会がないのでなかなか覚えられません。それでテキストに載っている覚えたい文法や会話のフレーズを自分用のノートに書き溜めて置きました。2,3年はそれをずっと続けました。 34歳になってボランティアでカンボジアへ移り住みました。最初の3年位は現地の言葉を学習して覚えることに集中していたので、今までラジオや通信で学んだ英語をほとんど忘れてしまいました。英語圏から来た友人たちもいて英語を話す機会はあるのですが、脳がカンボジア語になってしまっているため極簡単な英語もスムーズに出てこなくなってまいました。 それでしばらくは西洋人たちともカンボジア語で会話するようになりました。現在移住して4年たち、ようやく現地の言葉に慣れたので改めて英語を復習しようという気になりました。それで長いこと書き溜めていた英会話ノートを最近になってようやく開くことになりました。毎日1ページずつ読んでいくつかの文法を使って自分なりに文例を作り、会話のイメージトレーニングをしています。 西洋人たちと接しながら機会あるごとに覚えた表現を使うようにしています。一度使った表現、文法はほとんど忘れることはありません。覚えた英単語の数もどんどん増えて行き、今でも楽しみながら独学を続けています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop