ipodで始めるスーパーエルマー学習法!英語の意味を理解する

2011年11月23日
LINEで送る
Pocket


NHKの広告を見て始めたスーパーエルマー

NHK「やさしいビジネス英語」の広告で見てスーパーエルマーの試聴CDを申し込みました。小さいCDなのでホルダーがないとかからずちょっと困りました。
試聴してみてなかなか良いと感じたので今度は製品を買ってみました。たしか4万位くらいしたと思いますが、ハローワークで職業訓練の補助が出ることを知り、申請したらかなりの金額が戻ってきました。
スーパーエルマーはB6版くらいのサイズのテキストとCDのセットです。それも10数冊あり、これを全部聞いた暁にはリスニング能力がかなり上がっていることを期待しました。
その頃は私はTOEIC受験にハマっており、リスニングは400点を超えていたのですが、リーディングは飛躍的な改善が見込めなかったため、さらなる得点ゲットにはリスニング能力を伸ばすしかないと思ったのです。
はじめはCDをかけながらテキストを目で追っていましたが、次第にテキストを見なくていいようになることを目指します。
リスニング上達にはただネイティブ英語を闇雲に聞いたらいいというのとちょっと違うと思います。英語の「意味がわかってない」と聞いても意味がないです。
スーパーエルマーがエライのは英語と日本語が交互に入っているところがあるからです。それにCDをiPod などに入れておけばいつでもどこでも混んだ電車の中でも勉強できます。
やろうと思い立った時に出来るのが一番効果があると思います。日本語と英語が交互に入っているパートからちょっと慣れてきたらネイティブが普通に話すスピードで録音されています。
たぶん、日本語が入ったパートを聞いてからでなくていきなりネイティブスピードのを聞くと聞き取れなかったと思いますが、日本語が入ったパートを聞いてからだと容易に聞き取れました。
テキストも重要な役割を果たしていてリスニングの補助になっています。これがないとリスニング能力も改善できません。サイズがA4などではなくて小さいB6サイズなのがとてもポイント高いと思います。混んだ電車の中でも片手で持て、つり革に捕まりながら読めるサイズです。
私が買ったのは6~7年前ですが、それからバージョンUPしてるかどうかは定かではありません。でも確かに買って損はない教材だということをお伝えしておきます。

スーパーエルマーについて詳しくはコチラをCHECK!


あわせて読みたい記事

pagetop