スーパーエルマーで学んだ時事英語から入る英語の重要なポイント

2011年10月11日
LINEで送る
Pocket


スーパーエルマーの魅力

スーパーエルマーはアメリカCBSの時事英語が学べるという英語教材です。時事英語という題材が特徴だと思います。 英検1級とか、英語に特化した受験など、必ずと言っていいほど、時事問題が出題されるので、ニュースに出てくる単語になれ、ある程度の速度をもって理解できないと、点数にならないと悩んでいる人にはお勧めだと思います。 繰り返し、自分の好きな時間に聞けるので、教材を買ってリスニングを続ければ、時事英語に強くなれます。 CBSもすでにネットでチェックできてしまう時代なので、教材にしなくても平気という人がいるかな?ということや、実はTOEICはそれほどの時事英語は必要とされてないななんていうツッコミどころもありますが。 英語がわからない人は、時事英語は難しいと思います。まず単語の難易度、量でしり込みしちゃう人が多いし、ニュース番組は、ある程度のスピードで流れて行きますから、聞きとるのも容易ではありません。 でもそんなニュースの英語でも、毎日朝晩聞いていると、不思議と何を言っているか理解できるようになります。リスニングだけじゃなくて、語彙が増えるし、世の中のこともなんだか分かった気分になるしでいいことばかりです。 このスーパーエルマーを始めて少し慣れたら、お勧めは新聞です。まず読んで、内容を理解してから、聞くと、ニュース英語は抜群に英語力が伸びます。 難点は、結局時事問題に関して、知識や理解が母国語の日本語ですらないと、まったく雲をつかむ状況になってしまうっていうこと。 つまり、日本語での知識も増えたり、日本人としてはそういうことは考えないというような、ちょっと見識が広がる感覚が、1年くらいも続けると、自分に芽生えるという、けっこう壮大なテーマが、この教材の先にはあるってことかなと思います。

スーパーエルマーについて詳しくはコチラをCHECK!


あわせて読みたい記事

pagetop