英語のヒアリングだけに特化した英語教材の効果が凄い!?

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


話す事よりも英語を聞き分かるようになりたい

以前は年末になると1ヶ月程、海外旅行に行っていました。そんな時にいつも思っていたのは、もう少し英語の勉強をしておけば良かった、と言う事です。日本から目的地まで向かうのは、外国の航空会社でも日本人が沢山いるので、問題はないのですが目的地に着くと当然の事ですが、日本語が通じない訳です。アメリカは、もちろん英語でなくでは、まったく聞いてくれませんから空港内で、何か聞こうにも英単語を並べるだけでは、肝心な事はなかなか通じません。そんな英語力でも、アメリカでレンタカーを借りて、一ヶ月程旅行できたのですから、ちょっと英語力を磨こうなどと思わなくなっていたのかも知れません。
その後、ドイツやイギリス、スペイン、ポルトガルや、チュニジア、モロッコ、トルコなどを旅行したのですが、その都度思う事は自分がが、せめて英語だけでももう少し分かる事ができたら、と言う事です。英語圏ではない国でも、何かを聞く時は、やっぱり英語になる訳でもちろん空港内はどこの国へ行っても、英語です。街を歩いていても、フランス語を話すチュニジアでも、若者は英語で話しかけてきます、外国人で遠くの国まで一人で旅行しているのだから、英語ぐらいは話せるだろうと、話しかけてくるのですが、こちらの英語を聞いて、呆れた顔をされた経験が何度もありました。
そこで、話す事よりも、とにかく英語を聞き分かるようになりたいと一大決心をしました。旅行中はとにかく、文章より聞いたり話す事が多いので、ヒアリングに重点を置き、英語教材を探しました。その中に、1000時間ヒアリングマラソン、と言うのがあり、とにかく時間のある時に聞くだけで、大丈夫と言う事なので試してみました。数カ月もすると、英語を聞き取る事が、楽になってきたようです。このまま続けて、これからの海外旅行の為にも、頑張って勉強していきたいと思っています。

あわせて読みたい記事

pagetop