英語を習得したい方でコツコツ型ならこの英語教材を試すべき!

2011年10月10日
LINEで送る
Pocket


ネイティブな英語を習得できる!

聞く話すが苦手な、日本人英語のための、ネイティブ発音を大量に聞きこんで、耳から叩きこめ型教材です。聞くだけで英語がペラペラというのは、ちょっと本当?という部分がありますが、この1000時間ヒアリングマラソンは、幅広い英語が聞けるので、バイヤスがなくていいですね。イギリス英語もアメリカ英語も、比較的なまりがない英語教室的英語も、まとめて体験できます。
英語を聞かないと、リスニングの点数が上がらないけど、日本に生活してるので、そうそうネイティブの英語を、量は聞けない。自分からBBCやCNNをチェックするほどの暇もない。英会話教室は恥ずかしくてしゃべる気にもならないっていう人には、自分の好きな時間に、大量に聞けるこのリスニング型英語教材は便利です。
1000時間ヒアリングマラソンは、英語教材では長い実績のあるアルクの教材ですし、聞き続けてマラソンみたいに鍛えるっていうコンセプトにもひかれます。
聞き流し型の教材には、向き不向きがあるかもしれません。丁度マラソンや、ルーティンをコツコツと続けて力がつくタイプの人と、そういうのに向かない人がいるような感じでしょうか。
人の集中力ってそれほど持続しないもんだなと思ったり、音だけが流れていて、ちっとも集中できなかったり、そういう時は思い切って、ちょっと学習法を替えた方が効果的かもしれません。
聞くタイプの1000時間ヒアリングマラソンこそ、読んだり、口に出して真似をしたりという作業があった方が、リスニングの能力もあがるものです。英語には慣用句や、日常によく使う単語、フレーズというものがあり、その言葉、意味を理解しておけば、会話に頻繁に出てくる、そういう言葉を聞き逃さなくなります。
自分がそれを使えるようになった時に、英語での表現力と理解力は飛躍的に伸びます。まず付属のテキストをざっと読んでおくと、いきなり聞くよりも理解度があがるというのも、付け加えたいと思います。

あわせて読みたい記事

pagetop