英語の成績2の私が上達した!スピードラーニング体験談

2011年6月10日
LINEで送る
Pocket


スピードラーニングを使うきっかけ

boutasさんのスピードラーニング体験談高速道路の売店で仕事をしていると、外国人観光客とお話をすることが多くなりました。韓国人や中国人もよく英語で話しかけてきます。毎日のようにツアーで来いるので、数が50人単位です。商品や金額を英語で伝えなければなりません。トイレの場所を聞かれたり、1個単位でも販売知れくれるのかなどさまざまです。
内容は日本人の観光客とまったく同じです。時々、10円玉を5円玉に変えて欲しいとも言われます。私は英語がとても苦手でした。しかし、そうもばかりもいえません。先進国の住民でありながら英語がまったく話せないという恥ずかしさも感じました。
ある日、中国人観光客が何かを聞いてきました。私が戸惑っていると、もういいよ。と気を使われてしまいました。それがきっかけでスピードラーニングをはじめました。最初は楽しいのでどんどん聞いていました。早いものを聞いているうちに、英語の映画が聞き取れようになりました。

スピードラーニングを体験してみて

私の場合は1ヶ月かかりました。そのころ、お客さんの英語の質問もすべて聞き取れるようになりました。高校の時にはリスニングは0点に近い私が、簡単に聞き取りできるようになったのでとても驚きました。本当に、聴くだけでわかるようになったのです。
苦手とはいえ、進学校出身なので単語はある程度知っていました。覚えた単語がここで初めて役に立ちました。16年前の勉強が役に立ってうれしかったです。
3ヶ月くらい聴くと少し飽き始めました。聴くことに飽きたので、今度は単語に興味がもてるようになりました。最近では英語の映画を見ていると、英訳と字幕が違うことに気づくようになりました。
今では、字幕を見なくても内容が理解できています。日本語に直すことなく、英語として受け取っています。英会話教室に通うよりも時間もお金もずいぶん少なくすみました。主人には疑いの目をかけられることもありますが、オバマさんの演説などを字幕を見ないで言うと驚きます。

最後に言いたいこと

英語が苦手で、単語を理解していくという姿勢よりも、まずは聴きなれてみる。という感じで取り組んでいくと楽です。楽して英語に慣れているんだ。という感覚でいれば、アッと驚く瞬間が必ず来ます。英語の成績2の私ができるのだから、もっと多くの人ができるようになると思いました。
  • 総合評価
    評価5
  • 効果・上達
    評価5
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価3


あわせて読みたい記事

pagetop