自然に英語が定着する!スピードラーニング体験談

2011年6月9日
LINEで送る
Pocket


スピードラーニングを体験してみて

boutasさんのスピードラーニング体験談スピードラーニングは、通勤の車の中や電車の中で聞いていました。とにかく聞き流すだけ、という手軽さに関しては、続けられる動機になりました。ただ、若干不自然な会話やありえないシチュエーションもあったりして、ちょっと笑ってしまうこともありました。
しかし、非常に聞き取りやすく、会話のテンポもゆっくりめなので、「スピードラーニング」という商品名とはイメージが合致しませんでした。けれどもこれは私の誤解です。この商品名の「スピード」とは、早く身に付く、という意味でしょう。
その意味では、学習効果は早いほうだと思います。最初に英語が流れ、次にその訳が日本語で流れる。一文ずつそれが流れていくのですが、その単純な作業の繰り返しが、記憶に強く定着させてくれています。
英語を日本語に頭で変換するのは、英会話を習得するうえで、あまりよくないのではないか、と最初は思いました。というのも、結局はこの方法だと、英語をきいて、英語で考えることをしないから、と思ったのです。ですが、どうもそれは学習の過程の問題のような気がします。

スピードラーニングの効果

英語と日本語の反復を繰り返し繰り返しすることで、いつしか英語で考える脳になっていく、そんな学習教材だと思います。もうすでに、私たちは日本語で思考する習慣というか、回路ができているはずです。なので、それを無理やり英語で思考する脳に変えるのは難しいのではないでしょうか。
ですから、日本語と英語の反復横跳びをひたすらすることで、無意識に英語脳にも切り替えていく作業ができていくのかもしれません。いずれにせよ、何度も何度も聞くことで、英語表現が定着していきます。文字としてではなく、音として刻み込まれていきます。
これが、言語学習において一番大切なのではと思います。勉強をした、というほど熱心に聞いた覚えはありません。ですが、フレーズが頭の中に歌の一節のように、再生される感じです。ですので、ひたすら聞く、ということに尽きると思います。
勿論、決まった表現を繰り返し聞くということなので、応用には弱いかもしれません。でもリスニングに関してはかなり効果的だと思いますし、簡単な表現、基本的な会話でしたら、これで十分いけるかもしれない、という感触がありました。
いずれにせよ、ゆっくりと、隙間時間や日常の何気ない時間を、いかにも「勉強するぞ!」という感じではなく、ゆるーく、自然に英語を覚えたいというスタンスの方には向いた教材だと思いました。実際私は、通勤時間に聞き流しただけですから。
  • 総合評価
    評価4
  • 効果・上達
    評価3
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価5


あわせて読みたい記事

pagetop