インプットだけでは駄目!英語上達にはアウトプットが最も重要!

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


聞き取った音を復唱する

私はこれまで自己流の英語学習を続けてきたのですが、限界を感じたときにピンズラーアメリカ英語という教材を利用しました。それまでの英語学習方法は、基本的にはリスニング中心で耳から英語を覚えるインプット作業がほとんどでした。
それに対してアウトプット作業をほとんどしていなかったので、適切な教材はないかと探しピンズラーアメリカ英語にたどり着いたわけです。ピンズラーアメリカ英語を体験してみた感想は、基礎的な英語回路設置には非常に効果があると思います。
私は1巻から5巻まで、各30単元すべてを5往復くらいやりとおしたわけですが、旅行などにいっても困ることはないくらいまでの学習はできたと思います。ピンズラーアメリカ英語の効果に関しているのであれば、色々な面でメリットがあるといいます。この教材にテキストはないので耳で聞き取った音を復唱するという学習が中心になります。
ですので、もともとある程度聞き取れないとだめだとは思うのですが、学習を通すことでリスニング力も上がります。これは単に、英語を聞くから向上するのではなく、自分で復唱するから向上するのです。発音できる音は聞き取れるというのは本当です。
次のメリットですが、英語の基礎回路ができると思います。私は、ピンズラーアメリカ英語に取り組む前は、アウトプットの学習をほとんどしていなかったので、実質初めてのアウトプット学習でした。ですが、リスニングにはそれなりに力があったので、CDの音はほとんど聞き取れました。
この聞き取った音を復唱するわけですが、聞き取ったとおりの文章を復唱しようと思うと語順がばらばらになって言葉になりません。英語のアウトプット回路ができていないわけです。この回路をピンズラーアメリカ英語は築いてくれます。何度も同じ文章が時折現れるので、力がつくわけです。
最初のうちは、聞こえているのに話せないというかなりやきもきした状態になりますが、何度もトライするとかならずできるようになります。私の経験にはなりますが、確実に力はつく教材だと思います。難点をひとつ挙げるとすると、状況に応じたシーン学習なので、それ以外の部分には対応できないかもしれません。
なので、しっかりと話をできるようになろうと思うと、ある程度力量がある人がさらに力を伸ばすためにピンズラーに取り組むか、初心者の人がピンズラーアメリカ英語で英語回路を作って色々な英語に触れていく必要があるのではないでしょうか。良い教材であることは間違いありません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop