トークるズ

2011年4月28日
LINEで送る
Pocket


  • 五段階評価
    五段階評価
  • 対象レベル
    初級
  • ジャンル
    スピーキング
  • ジャンル
    リスニング
  • 資料請求

1.
トークるズとは?

[browsershot url="http://etc.rexia.info/talkruz.php" width="200"]「トークるズ」は、スピーキングに焦点を置いている、日常英会話が話せるようになるために企画された教材です。ただ英語を聞くだけではなく、話すトレーニングを中心に作られているので、日本にいながら、英語のスピーキングを強化できます。1日30分で英会話を学べるという手軽さも特徴です。
この教材は、旅行や出張ほか、海外滞在で使われる日常生活で役立つフレーズを主に作成されています。日本の英語教育は、読み、書きが中心ですが、「トークるズ」はリスニングやスピーキングに重きを置いているので、生きた英会話を学習することができます。
「トークるズ」は、初心者向けに企画された教材なので、難しい単語、文法知識は出てきません。しかし、日常会話に使える知識がカバーされているので 「トークるズ」で英会話を学ぶことで、しっかり会話力を身につけることができます。
また、5年間がっちり安心個別サポートが利用できます。専門スタッフが分からないところの質問に対してもしっかりと答えてくれたり、勉強法に関するアドバイスをしてくれます。全額返金保証も付いているのも特徴です。

2.
スピーキングが身に付く

日本人が一番苦手とするのが、スピーキングです。そのスピーキング力をつける教材として人気があるのがトークるズ」です。日本人は、英語学習をしてきたのに、英語が話せない人が多いです。その人たちが英語を話せるように練習する英会話教材になっています。
勉強方法は、CDを聞いて、ナビゲーション役となる女性がひとつずつ指示を出すので、その通りに声を出し、スピーキングの学習をしていきます。CDのナレーションに沿ってやるだけなので、とても簡単で、継続しやすく作られています。
毎日学習していくと、徐々に英語を話すことに慣れてきて、簡単なあいさつ文などが自然に口から出てくるようになります。 最終的には、実際に、ネイティブとの会話で使える英会話を習得できます。

3.
楽しみながら勉強できる

いくら英会話を習得しようと思っても、モチベーションを継続するのは難しいものです。つまらない英会話教材だと、すぐに飽きてしまいます。「トークるズ」は、ドラマ仕立てのストーリーをオーディオブックの感覚で勉強することができ、とても面白い内容になっています。
また、学習者が楽しんでスピーキングの練習ができるよう、随所に工夫がされています。1日30分と続けやすいのも特徴です。「トークるズ」は、5年間の個別メールサポートがあるので、わからないところがあっても、一人で悩むこともなく、飽きることなく勉強を続けることができます。
サポートではレベルにあわせた学習をマンツーマンでアドバイスしてくれます。通信教育ながら、5年間ものサポートがある教材はほかにはなかなかありません。

4.
トークるズは初心者向けの英語教材

「トークるズ」のコンセプトは「初歩的なスピーキング能力を身につける教材」ということです。メインで使うCD学習教材は、難しい単語や文法知識は少ないので、初心者でも取り組みやすいカリキュラムになっています。
そのため、とても簡単にスピーキングの学習ができると評判です。中学生や高校生でも楽しく勉強できる教材になっています。そのため、英語上級者の人には物足りない教材かもしれません。
しかし、英語の上級者の中にもスピーキングに関しては素人という方もいます。そのような方たちにとっては役立つ教材です。これから海外旅行に行く人や、留学を考えている人などにとても効果的な教材になっています。

5.
トークるズのココがおススメ!

「トークるズ」は、スピーキングを強化したい人にお勧めで、英会話初心者でもわかりやすい教材です。教材で使われているのは、構成も説明もわかりやすく、スピードもゆっくりとしているので、初心者にも理解できる内容です。
机にずっと座って、テキストとにらめっこするような勉強方法ではないので、楽しく英語を学ぶことができます。1日30分と続けやすいのも特徴で、忙しいビジネスマンにもおすすめの教材です。
また、会話力がつくので、海外旅行に行く予定がある人や、ネイティブと話す機会がある人には大変オススメです。通信教育ながらも5年間保障のメールサポートが付いているのも魅力的なサービスになっています。

6.
トークるズの気になる料金は?

受講料金 分割払い:初回10,800円+9,800円×5回
一括払い:59,800円
支払い方法 クレジットカード、銀行振り込み、商品代引き

あわせて読みたい記事

pagetop