ビジネス英会話教材の選び方

2011年5月31日
LINEで送る
Pocket


Brent Burns – Customer Retention Presentation – photo 5
Brent Burns – Customer Retention Presentation – photo 5 / James Jordan

最近では、多くの会社で英語が出来る存在を探しているように、英語はビジネスの場で欠かせないものとなりました。すでに、ビジネスで英語を使わなければならない人も多いはずです。
しかし、ビジネス英語は、少し日常英会話とは違い、難しく感じている人も多いはずです。ビジネス英会話を勉強しようと思っても、世の中には、数多くのビジネス英会話教材があり、どれを選べばよいのかわからない人もいるはずです。
今ビジネスマンとして働いている人はもちろんのこと、これから就職をする人にもビジネス英会話は学んでおくべきだと思います。そこで今回は、ビジネス英会話教材の選び方を紹介します。

継続的に続けていける英語教材

iPod
iPod / strollers

ビジネス英会話を学ぼうと考えている人は、ビジネスマンが多いはずです。忙しいビジネスマンの人には、どうしても毎日英語のために時間を割くことは難しいと思います。
しかし、英語というものは、継続的に学習することで身につくものです。1日でも英語に触れない日があると、1週間分言葉の吸収が遅れるとも言われています。そのため、毎日少しの時間でも続けられるような教材を選んでみましょう。
たとえば、出勤中に教材のCDをi-podなどに入れて、英語を学んだりしましょう。英語は、嫌々していると、途中で投げ出してしまう可能性がとても高いです。「これなら、忙しくても続けられそう」と思える教材を選ぶ必要があります。
ビジネスマンの人には特に、自分の日々の生活の中に取り入れやすい教材であることが大事です。ライフスタイルの一部になるような教材を探してみましょう。

語彙力の強化

Mail Snail
Mail Snail / alecperkins

ビジネスの場では、英語を話せるようになることも大事ですが、書類など英語で書かれているものを読む機会も多いはずです。海外のクライアントから英語でメールが届いたり、会議の資料が英語だったりと、「読む」という行為が必要になります。ビジネスマンであれば、リーディング力も磨くようにしましょう。
ある程度、学校で文法というものは習ってきています。しかし、いざ使ってみようと思うと、まったく理解できない場合も多いはずです。ビジネス英語には、学校で習っていないような語彙もたくさん出てきます。
ふつうの英会話教材では出てこないような語彙が、ビジネス英会話には必要になります。ビジネス英語を身に着けるためには、語彙力をつけることも大切です。
それには読む力を鍛えていくことが必要になります。ビジネス英会話を学ぶ際には、教材の中に、「読めるもの」、「読む力を鍛えるもの」がある教材を選びましょう。読むことに苦手意識がある人も多いかもしれませんが、ビジネスの場では、読む力はとても大事になります。
クライアントと、コミュニケーションを取る手段は、実際に会って話をすることだけではありません。メールのやりとりなどをする機会も多いはずです。そのときに役立つのがリーディングスキルです。ビジネス英会話を学ぶ際には、リーディングスキルも磨くことができる教材を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい記事

pagetop