英会話教材の選び方

2011年5月30日
LINEで送る
Pocket


Catching up on e-mail...
Catching up on e-mail… /Ed Yourdon

海外のレストランで料理を頼むとき、ネイティブと会話をするとき、英語を話すことに躊躇してしまう人が多いはずです。自信を持って英語を話せる人はなかなかいません。
英語をすらすら話せるようになってくると、もっと英語が楽しくなるはずです。そこで今回は、英会話教材の選び方を紹介します。

自分のレベルを知る

Day 3:  E-Mediat
Day 3: E-Mediat / cambodia4kidsorg

まずは自分のレベルを確認しましょう。英会話教材には、初心者向き、中級者向き、上級者向きの教材があります。英会話教材は、しっかりと時間をかけて、専門家が効果が出るように作っています。
そして、教材には、レベル分けがあります。そのレベルを守ることで、その教材の効果を最大限に吸収することができます。
初心者向けに作られている教材を、上級者が学習してもあまり意味がありません。上級者向けの教材を英会話初心者が学習をしても、教材にかけたお金が無駄になるだけです。
教材を選ぶ際には、その教材をホームページや口コミなどでレベルを確認をしましょう。自分の英語のレベルに合わせた教材を選ぶことが、英語のスキルを伸ばす第一歩になります。

理解できる英語教材

Microsoft Research
Microsoft Research / Robert Scoble

初心者の人が英会話を学ぼうとすると、どうしてもわからないところが多くなります。しかし、多くの通信教育、市販の教材だと、わからないことがあっても質問することができません。
そこで、教材を選ぶ際には、一人で学習をしても理解ができそうな教材を選びましょう。シンプルにいうと、「わかりやすい」教材を選ぶ必要があります。もちろん購入の前に教材の中身をすべて知ることは難しいですが、ホームページなどである程度確認ができます。
無理して「少し難しいかもしれない」と思う教材を選ぶ必要はありません。自分が理解でき、勉強しやすい教材を選びましょう。また、通信教育でも質問ができたり、サポートをしてくれる教材があるので、独学では挫折してしまいそうな人にはそのような教材がおすすめです。

あわせて読みたい記事

pagetop