日本にいながら英語の発音を習得する効率的な学習法

2011年12月15日
LINEで送る
Pocket


how to speak dutch how to speak dutch / Hans_van_Rijnberk 日本で暮らし、英語学習をしていると、どうしてもリーディングは向上できても、スピーキングは上達しない傾向にあります。実際に海外旅行に行き、単語や文法は正しいはずなのに、意味が通じない経験をした方も多いはずです。 それは、発音が悪いからなのです。「I’m Taro」というだけなのに「アイ アム タトウ」と思いっきりカタカナ英語になっている人もいます。せっかく外国で英語を話しているのにもかかわらず、言葉が通じないと、英語を話すことがどんどん億劫になっていきます。 発音がきちんとしていれば、文法が間違っていても、相手は理解をしてくれます。そこで今回は英語の発音を習得する学習法を紹介します。

英語を聞く耳から作る

Scottish Fold (折耳猫) Scottish Fold (折耳猫) / eviltomthai 赤ちゃんは、言葉をしゃべる前の段階では、人の言葉をまるでシャワーのようにたくさん浴びています。耳で言葉を覚え、口に出して言うことにつながっていきます。相手が言っていることを口にするには、スピーキング力だけでなく、リスニング力をつけなければいけないのです。 そこで、まずはリスニング→スピーキングの順番で学習していく方法を紹介します。リスニングが出来れば、あとはそれを真似して口から出していけば発音の練習になるのです。

興味のある分野から学習する

DVD collection DVD collection / nickstone333 学校の授業で、いつも国語の時間は寝ているのに、体育のときだけ張り切る人はいませんでしたか? それは、人は自然と自分が好きなことには積極的で、嫌いなことは出来るだけ避けようとするからです。そこで最初は、あなたが興味のある分野から学習をスタートさせ、英語を聞き取れる耳を作っていきます。 例えば、海外ドラマが好きな人は、それを教材にしましょう。まずドラマを吹き替えなしで見てください。最初は何を言っているのかわからなくても、繰り返し見ていくうちに言葉がなんとなくわかってきます。それがリスニング力を鍛える練習方法です。 その後、セリフを真似して言ってみる、シャドウイングをしてみてください。DVDの場合は、字幕を英語に設定できるので、何を言っているのかわからない場面があっても、字幕を見れば俳優が言っているセリフがわかります。しかし出来るだけ字幕は使わず、聞き取れたセリフをそのまま真似してみることで発音の練習ができます。 俳優のセリフをそのままシャドウイングするので、日本人特有の発音にはならず、ネイティブの発音に近づくことが出来るのです。例えば女性ファンが多い「sex and the city」を教材にした場合、ニューヨークが舞台のドラマなので、英語を話すスピードも速いですが、それをシャドウイングしていけば、発音だけでなく、英語のイントネーションやスピードも自然と身に着けることができます。

youtubeなどの無料サイトを利用する

YouTube Socks YouTube Socks / Jeffrey Beall また、海外のアーティストに興味がある人は、その人たちのインタビューを見て、シャドウイングしてみることをオススメします。インターネットが発達している今だからこそ、無料動画で英語を聞くことも容易にできます。 youtubeなどで、「好きなアーティストの名前+interview」と検索をすれば、英語でのインタビューを見ることが出来ます。好きな人だからこそ、英語を学習するのも苦になりません。interviewを見ながら、耳を英語に慣らし、次にシャドウイングをして英語を言ってみる。このステップで英語の発音を強化できます。

発音専門の教材を使う

Pronunciation sounds in English Pronunciation sounds in English / Jeff McNeill 先ほどは、自身の興味のある分野から発音を習得する勉強法を紹介しましたが、「どうしても発音だけ勉強したい」「早く習得したい」という方には専門の教材を使うことをオススメします。 人気のある発音教材は「UDA式30音トレーニングDVD 」「スギーズ式英語発音教材 」などどれも発音に特化したものです。「UDA式30音トレーニングDVD 」では、発音記号が分からないような初心者でも1から学んでいける内容なので、発音の基礎から学習し直すことができます。 またamazonでは「Pronunciation English」と検索すれば、海外の発音学習用のテキストがたくさん検索できます。日本で発売されているものとは違い、説明などもすべて英語なので、初心者向けではありませんが、価格も安く、中級者、上級者にはオススメの教材になっています。Amazonでは、実際に購入した方からのレビューも見ることができるので購入の際の参考にすることができます。

最後に

いかがでしたか? 今回は2つの勉強方法について紹介しました。実際にネイティブと会話が出来る環境にいれば、発音は自然とよくなりますが、日本で暮らしているとどうしても流暢な英語を話すには努力が必要になります。 発音にお困りの方は、今回紹介した方法を是非参考にしてみてください。   ※シャドウイング – ネイティブの人が読んだ英語を聞きながら、それと同じ文章をそっくりそのまま 音読することです。

関連するキーワード

  |    |    |  

pagetop