意外と知らない!?失敗しない英語辞書の選び方

2011年11月10日
LINEで送る
Pocket


Dictionaries
Dictionaries / Tim Green aka atoach

これから英語を勉強しようと思っている人は、辞書を買おうと考えている人も多いのではないでしょうか。電子辞書や書籍の辞典など幅広い種類の辞書が発売されており、どれを購入すべきか迷っている人もいるはずです。そこで今回は、書籍の辞典の選び方を紹介します。これから英和辞書を購入する方は参考にしてみてください。

1. 用途を考える

Dictionaries
Dictionaries / torisan3500

辞書を購入する際には、何の目的で辞書が必要かを考えてみましょう。高校受験、大学受験のために辞書が必要ならば、用例が多く載っていて、細かい解説がある方がよいです。
また、ビジネスなど、英語を日常的に使いこなしていく必要のある人は収録語数の専門性を重視必要があります。リーダーズ英和中辞典、収録語数約18万、ロングマン英和辞典、収録語数約10万2千、講談社英和中辞典収録語数約17万6千など、辞書の種類によって収録されている語数がだいぶ違ってきます。
辞書を購入する際には、収録語数などのチェックも忘れないようにしましょう。

2. 特徴を押さえる

Amazon-New-Detail-Page
Amazon-New-Detail-Page / kokogiak

それぞれの辞書には特徴があります。例えば、使用者数が多い「ジーニアス英和辞典」であれば語法解説が詳しく、言い回し、定型表現を豊富に収録しているところが特徴です。
また、ロングマン英和辞典では、語法で日本人のミスしやすい点が書かれているのが特徴。「ルミナス英和辞典」は、TOEICによく出る約2千語句を載せていて、TOEIC受験者向けの辞書になっています。このように、英和辞書にはそれぞれ隠れた特徴があります。
辞書の特徴を押さえておくことは、辞書選びにはとても有効的です。アマゾンなどのサイトに載っている商品内容説明を見てみると、収録項目数や内容などが記載されています。
また、レビューも載っているので、評判をチェックすることができます。このようにインターネットでは、辞書の特徴を調べることができ、辞書選びの際に役に立ちます。

3. 手にとって選ぶ

eBook Reader
eBook Reader / goXunuReviews

上記で説明したように、インターネットでそれぞれの英和辞書の特徴を調べることができます。しかし、辞書を購入する際には、是非本屋で手に取って辞書を選んでみてください。
実際に手に取って辞書に触れることで、「読みやすそう」「探しやすい」などと何かしらの感想を抱くはずです。中型の英和辞書であれば三千円ほどで購入できますが、出来れば失敗はしたくないものです。
そこで、辞書を購入する際には、インターネットで情報を収集し、書店で実際に手にとって辞書を選ぶようにしましょう。

4. 大きさ

iRiver Story eBook Reader Review
iRiver Story eBook Reader Review / Andrew Mason

英和辞書の大きさには、大型、中型、小型があります。市販の辞典の多くは中型辞典で、中高での英語学習で使用したのも中型辞典のはずです。
大型の辞典を使用している人は少ないかもしれませんが、大型辞書は大きいだけでなく、収録語数や収録例文数などの多さでも他を圧倒するタイプになっています。収録されている語数は20万以上です。
そのため、家で本格的に英語学習をしたいと思っている人には大型の辞書がオススメです。しかし中型でも小型でも普段わからない英単語を調べるには十分です。日常使う辞書としては、中型の辞典を使用してみてください。
「毎日持ち運んで勉強したいから、小型辞書がいい」と思っている人もいるかもしれませんが、小型辞書を持ち歩くよりは、電子辞書の方が数倍楽です。最近では、電子辞書の値段も下がってきているので、持ち運び便利な辞書を探している人は電子辞書に目を向けてください。

5. 新しい改訂版を探す

Amazon Kindle eBook Reader
Amazon Kindle eBook Reader / goXunuReviews

辞書を選ぶ際には、辞典の巻末にある「初版」、「第●版」のように表示されているページを確かめてみましょう。そこで、最後に「版」された日付を確認します。この日付が新しいほど、最近内容が改訂されたことになります。
最近は、改訂のペースが早くなっていると言われています。その一方全く改正されていない辞書もあります。頻繁(4.5年に一度)に改正されている辞書の方が、出版社も力を入れて作成しているといえます。
それは、時代とともに、言葉は新しく出来たりします。改訂版が新しいほど、新しい言葉が載っていて、便利です。学生時代に使っていた10年前以上も前の辞書を使い続けているのはあまりオススメしません。辞書を購入する際には、改訂された日付もチェックしてみましょう。

最後に

英和辞書は、英語学習に欠かせないアイテムですので、使い勝手がよく、自分の用途に合う辞書を選ぶようにしてみましょう。

関連するキーワード

pagetop