英語学習へのモチベーションを保ち続ける7つの方法

2011年9月28日
LINEで送る
Pocket


studying studying / English106 長期間英語の学習をしていると、なかなかモチベーションを保ち続けるのが難しいものです。また語学というのは、自分がどれだけ英語レベルが向上しているのかわかりにくいのです。 そんな英語学習のモチベーションを保つ方法は何なのでしょうか。今回は7つの方法を紹介します。

1. 目標を持つ

Slogan of an elementary school Slogan of an elementary school “be right, be tough, be cheerful” / matsuyuki 英語学習で1番大切なことは、目標を持つことです。しかも具体的な目標を立ててください。ただ「英語が話せるようになりたい」ではなく、「3か月後の海外旅行までに英会話を習得する」、「TOEICで800点以上を取るまで勉強する」などと具体的な目標を立てましょう。 目標があることで、その目標を達成しようと人間は努力をします。ただ考えるのではなく、文字として書いておきましょう。毎日見る手帳の中に書いておいたり、紙に書いて部屋の目立つところに貼ったりしてください。 とにかくよく見る場所に目標を書いておくと、よりモチベーションを保つことができます。頭の中で考えるだけでは、意識が薄くなってしまいますが、文字として見ることで、勉強に対して意識を高く持つことができます。

2. 仲間を作る

Friends 2008 1 bw Friends 2008 1 bw / Marion Doss 一人で学習をしているだけでは、途中で投げ出してしまう可能性が高くなります。それは学習だけでに言えることではなく、例えば、ダイエットをしているとして、仲間を作ることは、モチベーションを上げるよい手段として知られています。 一緒にがんばる仲間というもは、「彼女もやっているから、私もやらないと」という対抗心が生まれ、より学習に対してやる気を出すことができます。 最近では、mixiなどのコミュニケーションサイトでも、多くの英語コミュニティがあり、仲間を見つけることができます。仲間を見つけることで、刺激になることは間違いありません。 また、英語学習をしていてわからない部分も、仲間に質問をしたりできるのもメリットです。

3. 海外ドラマを見る

DVD Collection 2
DVD Collection 2 / Pmltadeo
英語を聞くことだけでなく、英語を話す人を見ることも大変刺激になります。海外ドラマを見ることは、英語学習へのモチベーション維持ができ、楽しみながら自然と英語を学ぶことができます。 出来れば、日本語吹き替えではなく、音声は英語で見てください。最初は何を言っているのか理解できないかもしれませんが、英語を学習していくと、少しずつではありますが理解できるようになります。 また、海外ドラマを見ることで、「これを字幕なしで見れるようになりたい」「こんな生活してみたい」と夢を持つはずです。自分の英語力が伸びていることを実感できること、新たに目標・夢を持つことができる点でも、海外ドラマを見ることはオススメです。

4. 1日10分でもいい

Clock Clock / Earls37a 英語を本気で習得しようと思うのであれば、毎日英語に触れましょう。1日全く英語に触れないと、そこでモチベーションが下がってしまう傾向があります。 「毎日2時間以上勉強する」といった大きなプレッシャーをかけるのではなく、無理をしない程度でよいのです。 「今日は忙しいから出勤中の10分間だけ英語を聞こう」でもいいので、続ける努力をしましょう。毎日少しずつでも英語を見たり、聞いたり、書いたりすることで、自然と英語に対して抵抗がなくなります。毎日の積み重ねが、モチベーション維持にも繋がります。

5. 苦痛ではないやり方を見つける

Happy Happy! Happy Happy! / insouciance モチベーションを保つには、英語学習の方法にも気を付ける必要があります。手を付けた参考書によっては、「これじゃあ続かないな」と思うものもあります。そういうときは、もったいないかもしれませんが、自分に合った参考書を選び直してみましょう。タイムイズマネーです。 やる気の起きない学習方法をしていては、時間の無駄になるだけです。自分で参考書を買い独学で勉強するのか、聞き流すだけの教材を使用するのか、英会話教室に通ってみる等たくさんの学習方法があります。 人それぞれに、続けやすい勉強方法が異なりますので、自分にあったやり方を見つけてみましょう。amazonや楽天などのサイトでは、本のレビューを知ることができるので、そのようなサイトも参考書選びに活用してみてください。

6. 英語を話す自分を想像する

Me and myself: What you see is what you get (Self Deception) Me and myself: What you see is what you get (Self Deception) / jcoterhals モチベーションを保つには、想像することも大切です。英語が話せる自分の姿を想像してみましょう。すると、英語を話せることで、海外旅行に積極的に行けたり、外国人とコミュニケーションが出来たり、楽しいことがたくさん思いつくはずです。 想像するときは、楽しいことだけを考えてください。ネガティブな考えは持たないようにしましょう。このように、英語が話せる自分について考えることで、その自分に近づこうという意識が芽生えます。 少しモチベーションが落ちているときに、この方法を使うと「やっぱり頑張ろう」という気持ちになれるはずです。

7. 日本人が英語を話すところを見る

YouTube Socks YouTube Socks / Jeffrey Beall 『日本人は、英語が苦手』と思っている人も多いと思います。しかし、海外で活躍するスポーツ選手や、英語を話す芸能人もたくさんいます。同じ日本人が英語をペラペラ話している姿を見ることはとても良い刺激になります。 多くのスポーツ選手は、海外のチームに移籍してから勉強をして英語を習得した人が多いので、努力をすれば英語を話せるようになるよいお手本になります。 youtubeなどの動画サイトでも、英語でインタビューを受ける日本人の動画を探すことができます。勉強することに疲れたら、そのような動画を見てモチベーションを上げてみましょう。

最後に

いかがでしたか?何をするにもモチベーションを保ち続けるのは難しいです。しかし、せっかく英語学習をはじめたからには、途中で挫折せずに習得したいですよね。今回紹介した方法を参考に、英語学習を続けてみましょう。

pagetop