リスニング力を上げるにはシャドーイングが重要

2011年4月19日
LINEで送る
Pocket


Listen
Listen / Fey Ilyas

英語学習の上で、リスニング能力は英語の基礎です。幼児の言語教育は、聞く→話す→読む→書くという順番で進んでいきます。赤ちゃんも、最初は周りからの音、会話を聴いて言葉を覚えます。そのように、リスニングは人間の語学習得の基礎になります。

シャドーイングを極める

8/52 my shadow
8/52 my shadow / Scarleth White

リスニング力を高めるためには、やはり英語のシャワーを浴びるのが一番です。とにかく英語を聴いて、リスニング力を高める方法です。英会話のCDや、英語での流れているラジオやニュースを毎日聴くことで、英語を理解する耳をつくります。しかし、ただ英語を聞き流しているだけでは、リスニング力を高めるのに時間がかかってしまいます。
そこで、通訳を目指す人たちによく利用されているリスニング力を高める方法なのが「シャドーイング」です。シャドーイングとは、ただ英語を聞き流しているのではなく、聴いた英語を真似して言ってみる方法です。最初は、うまく口がまわらなかったり、発音できないことがありますが、だんだん慣れてきます。シャドーイングはただ英語を聞き流すよりも、短時間でリスニング力を高めることができるといわれています。また、リスニングと一緒に、スピーキング力を高めることができます。リスニング力を短期間でつけようとするときは、シャドーイングの方法を利用して、リスニング力を高めましょう。

リスニング時間を作る

hotel alarm clock
hotel alarm clock / Robert S. Donovan

継続は力なり、という言葉があるように、英語学習も継続的に行うことが大事です。1日や2日では語学は習得できません。英語学習も、毎日続けていくことで力になります。上記で紹介したシャドーイングという方法は大変効率的な学習方法です。しかし毎日家でシャドーイングのトレーニングをする時間がないという人もいるでしょう。
そういった人は、10分でも20分でもよいので、毎日リスニングする時間を作りましょう。シャドーイングが出来なくても、毎日英語を聴くことでリスニング力はつきます。会社や学校への通勤時間を利用できる人は、i-podのpodcastなどを利用して、英語のリスニングをしてみましょう。また、家の中でも料理をしながら、掃除をしながら英会話のCDを聴くことができます。
リーディングやライティングと違い、忙しい時間でもリスニングをする方法はたくさんあります。リスニング学習では、あまり厳しくルールを作るのではなく、毎日空いている時間をうまく利用してリスニングをしてみるようにしてみましょう。あくまでも自分のペースでリスニング力を高めていけばよいのです。そして、ただ英語を聞き流すだけでも、リスニング力を高めることができるということを覚えておきましょう。

あわせて読みたい記事

pagetop