スピーキングの基本は英単語から

2011年4月18日
LINEで送る
Pocket


the conversation
the conversation / polandeze

英語を話せるようになりたい、と思っている人は多いでしょう。しかし、日本人が英語学習の上で一番苦手だと感じるのが、スピーキングです。 リーディングが出来ても、リスニングが出来ても、スピーキングが出来ない人が多いのです。その原因のひとつが、日本で暮らしていると、英語を話す機会があまりないからです。
英語を話す機会がない人が、スピーキング力を高めようとしても難しいのです。ビジネスで日々英語を使用している人でも、最初からスピーキングが出来たわけではありません。そこで、スピーキング力を高めるにはどのような練習をすればよいのでしょうか。

スピーキングには英単語、熟語の理解も重要

Conversation Heart Cookies
Conversation Heart Cookies / Samdogs

スピーキング力を高めるためには、意思の疎通に欠かせない英単語や熟語を覚える必要があります。いきなり英語を話そうとしても、英単語や熟語を知らないと、言葉を発することもできません。また、状況ごとの決まり文句なども学習しておく必要があります。スピーキングとは相手に自分の意思を伝えることです。知っている単語や言い回しが多いと、会話の幅が広がります。

英語を積極的に話そう

The Conversation.
The Conversation. / Jeffhubbard

スピーキング力を高めるのは、やはり英語を話す機会を増やすことが大事になります。自ら英語を使う環境作ることが大切です。ネイティブと会話をすることは、話すことと聞くことの両方の能力が求められます。スピーキングには、リスニング力も必要になります。正しい発音を聞き取ることができてはじめて正しく話すことができるのです。
それには、ネイティブと会話をする機会を増やしてみましょう。ネイティブの友達がいる場合には、積極的に会話をするようにしましょう。相手に自分の伝えたいことを伝えられたときは、とても嬉しいはずです。その喜びが英語学習を続けるモチベーションに繋がります。

英会話スクールを利用する

A Teacher Talks to His Students in a Classroom at Cathedral High School in New Ulm, Minnesota...
A Teacher Talks to His Students in a Classroom at Cathedral High School in New Ulm, Minnesota… / The U.S. National Archives

ネイティブの知り合いがいない場合はどうすればよいのでしょうか。そのような場合は、英会話スクールを利用してみましょう。英会話スクールの良い点は、実際にネイティブと会話をし、先生に発音や文法などのチェックもしてもらえます。英会話スクールが主催する国際交流会などにも積極的に参加をして、英語を使う機会を増やしましょう。
スピーキングは相手がいてこそ、能力を高めることができます。最近ではオンライン英会話や、スカイプを利用した格安の英会話スクールなどもあります。それらは家にいながらスピーキング力を磨くツールとして大変役立ちます。日本にいながらスピーキング力を高めるには、自ら積極的に英語を使うことが一番の近道になります。

あわせて読みたい記事

pagetop