リーディングの基礎は好きな読み物で身につける

2011年4月18日
LINEで送る
Pocket


Caught Reading Caught Reading / Jayel Aheram 英語を学習しようとすると、必ず「読む」という作業が発生します。日本の英語学習ではリスニングやスピーキングではなく、リーディングに重点を置いています。そのため、リスニングよりもリーディングが得意と思っている人も多いはずです。 しかし、TOEICの試験を受けると、読むのに時間がかかり、最後のリーディング問題まで回答できなかったり、どうしても日本語に訳してしまうので、リーディングに時間がかかってしまうという人が多くいます。リーディングは、文章を理解することだけでなく、読むスピードも重要になります。リーディング力を高めるためには、読む練習を繰り返し行っていくことが大切です。

興味のある分野からはじめる

Reading is fun Reading is fun / John-Morgan リーディング練習をするには、英語で書かれた教材が必要になります。まずは自分自身が興味のある分野の教材を利用してみましょう。参考書からリーディング学習をはじめてもよいですが、自ら読みたいと思えない教材だと、英語学習に対するモチベーションを保つことが難しくなります。 そこで、小説や、漫画、経済雑誌など自分が興味を持っている分野で、英語で書かれている本を探してみましょう。全く興味のない分野や、いきなり難しく長い文章で書かれている本だと、途中で読むのが億劫になってしまうのです。英語を楽しみながら学ぶことが、英語学習には必要になります。 また、最初はなるべく初心者でも読みやすいような本を選ぶようにしてください。子供向けに書かれている小説や絵本からリーディング学習をはじめてみるのも手です。

継続が必要

On the platform, reading On the platform, reading / moriza リーディング力を高めるには、毎日少しずつでよいので英語で書かれた本を読むようにしましょう。小説などの文章を読むことが好きな人が、国語が得意なように、英語のリーディングも読むことが大事です。リーディングは読めば読むほど上達するのです。寝る前の10分間だったり、会社への通勤時間などを利用して読む力をつけましょう。 また、いちいち英語の文章を日本語に訳すことはせずに、英語は英語で理解するように心がけましょう。リーディングでは、完璧な日本語に訳す必要はありません。どうしても綺麗な日本語に訳そうとして、無駄な時間を使ってしまう人が多いのです。リーディングには、スピードも大切になります。TOEICなどの英語の試験では、いちいち英語を日本語に訳して問題を解いていると、すぐに時間切れになってしまいます。そこで、日本語に訳すことはせず、英語を英語で理解するようにしてみましょう。 また、本を読んでいてわからない単語があっても、できる限り辞書は使わないようにします。最初は難しいかもしれませんが、前後の文脈から単語の意味を理解するように心がけましょう。時間はかかるかもしれませんが、最初は不慣れな読み方であっても、日々の継続により将来的には英語の文章を感覚的に読めるようになってくるのです。リーディング力を高めるには、いちいち日本語に訳しながら読み進めるやり方ではなく、英語を英語で理解するようにすることが大事になります。

あわせて読みたい記事

pagetop