海外映画・ドラマを上手く使った英語学習法

2011年6月14日
LINEで送る
Pocket


Movies
Movies / beverlyislike

活きた英語を勉強するなら、海外映画、ドラマから学ぶのが一番です。日本の学校で学ぶ英語は、少し言葉使いが堅く、「活きた英語」とは少し違っています。
また、学校や英会話スクールで聞く英語のスピードはネイティブが実際に話すスピードよりも遅いはずです。海外に行き、実際にネイティブの英語を聞くと、「スピードが速すぎる」と感じることも多いのです。
そこで、英語をネイティブが実際に話している海外映画、ドラマを使って学んでみましょう。ドラマには、日常的なエピソードが多く、スピードや語彙に関しても日常使われている英語を習得することができます。

まずはDVDを用意しよう!

デカ字幕
デカ字幕 / jetalone

海外ドラマや映画はテレビでも放送しています。しかしそれでは音声選択(日本語、英語)、日本語のサブタイトルあり、なしとしか選択できません。
英語に慣れていない人が、いきなり英語で海外ドラマを見て英語を理解するのは困難です。それに、日本語のサブタイトルを見てしまうと、どうしても目で日本語を追ってしまうので、英語を聞こうとする努力をしなくなります。そのため、英語を学ぶためにはテレビは最適ではありません。
DVDには、音声選択(日本語、英語)があるほか、サブタイトル(英語、日本語、なし)の選択ができます。字幕を切り替えることができるので、聞き取れないセリフを英語字幕で確認できることができます。
最近では、レンタルショップでも多くの海外ドラマ、映画がレンタルできるようになりました。教材費もあまりかからないのも、海外映画、ドラマを使って学習をするメリットです。

英語を英語で聞き取ることが大事

Ear Candle
Ear Candle / iBjorn

ドラマや映画で英語を勉強する際には、英語を英語で理解するようにしましょう。それには英語を聞き取れる耳を作ることが必要になります。
英語を聞き取れるようになるには、短期間では無理です。短くても3ヶ月以上の期間を使い、英語を学習しなくてはいけません。興味のあるドラマや映画だと、英語を楽しく勉強できるはずです。それが映画、ドラマで英語を学習する利点です。
自分で好きな教材を選び、楽しみながら英語を勉強してみましょう。それには、英語の音声でドラマを見るようにしましょう。はじめて英語で見ると、ネイティブの話すスピードが速すぎて理解できないはずです。しかし、1回、2回、3回…と聞いているうちに、聞き取れるようになってきます。

聞き取れなかった英語は字幕で確認

Watching TV
Watching TV / oddharmonic

ドラマを見ていると、英語を聞き取れないところも多いはずです。何度繰り返して聞いてみても、理解できないときが多くあるはずです。
そんなときに、英語の字幕はとても便利です。字幕機能を利用することで、英単語を確認することができます。そこで注意してほしいのが、あくまでも、英語字幕を利用するようにしましょう。日本語字幕で内容を確認しても力になりません。
「英語で聴く→理解できないところは英語字幕で確認→それでもわからないところは辞書で調べる」このような順序で学習をしていくようにしましょう。日本語を使わずに英語を学習することで、英語を英語で理解する力がつきます。
そして、好きな映画、ドラマで学習することで、机に向かって勉強するよりも早く英語が身に付きます。楽しみながら学習できる点、ネイティブのスピードに慣れることができる点からも、海外ドラマと映画を使った英語学習は大変効果的です。

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop