スピーキングの上達に必須な3つのポイント

2011年4月15日
LINEで送る
Pocket


Clegg Speech 10 Clegg Speech 10 / Liberal Democrats 英語はリスニングやリーディングだけではありません。スピーキングは実際に英語で会話をするときに重要になります。最初はネイティブと会話をすることを億劫に感じてしまうかもしれませんが、まずは英語を話すことに慣れることが大事です。

発音練習は必要

Words. Words. / nicasaurusrex スピーキングの際に、まず必要になるのが、英単語の習得です。知っている単語が多いほど、会話の幅が広がります。また、英単語の発音をマスターしておきましょう。 英語を話す際に発音が悪ければ、せっかく覚えたことを口にしても、ネイティブの人には言っていることが伝わりません。それには、新しい単語を覚える際に、発音も一緒に覚えることが大事になります。 英語を書いたりするだけでは、会話をする際は役に立ちません。英単語の意味だけでなく、発音も覚えておきましょう。それには、実際に、ネイティブの発音を聞いて、それを真似して口に出してみるようにします。 電子辞書にある音声で発音を聞ける機能を利用したり、インターネットの英語サイトを利用して発音を確かめたりしましょう。そして発音を聞いた後には、真似をして実際に口に出して練習してみます。


スピーキングの基本は英単語から

英語のスピードを身につける

speed speed / xavi talleda また、スピーキングに必要なのは、英語をスムーズに話すことです。実際に会話をするときに、文法を気にしすぎて、会話のスピードが遅くなってしまう人も多いです。ネイティブと会話をするときには、文法だけに集中することはしないようにしましょう。文法よりも、スピーキングで大事なのは、発音と、スピードです。 最初は慣れない発音に戸惑うこともあるかもしれませんが、口に出してスピーキングの練習をしていると、スムーズに英語を話せるようになります。 スピーキングに苦手意識がある人は、言いやすい簡単な単語、文章から話す練習をはじめるようにしましょう。

話す機会を増やす

Bex & Gabe in conversation Bex & Gabe in conversation / pseudoplacebo 英語を話すことに慣れたら、ネイティブの人と実際に話す機会を増やしてみましょう。ネイティブの方と会話をする機会があるときは、積極的に英語を話してみましょう。最近では、スカイプなどで気軽に海外の方と会話ができたりするので、スピーキングの練習のために利用してみるのも手です。 また、ネイティブと知り合う機会がない人には、英会話スクールもオススメです。お金は掛かりますが、英語を実際に話す機会を作ることができるので力がつきます。英語は日々使わないと忘れてしまったり、レベルが落ちてしまったりするので、英語を積極的に話したり聞いたりするようにしましょう。 スピーキングは座って本を読んでいるだけでは、上達しません。話す機会を増やし、英語特有の発音、スピードに慣れましょう。


あわせて読みたい記事

pagetop