「資格・試験の体験談」の記事一覧

海外留学に必須と言われるTOEFLの魅力と難点をまとめてみた

TOEFLを受けた理由

私がTOEFLを受けたのは、6年ほど前になります。TOEFLを受けようと思った理由は、点数の書かれた資料を大学に提出する為でした。というのも、点数は入学に必要な書類ではなく、入学後、生徒ごとに、英語のクラスをレベル別に振り分ける為に必要な書類でした。TOEFLにはペーパーテストやコンピューターテスト、TOEFLiBTと言われるインターネットベースのテスト等がありますが、私が受けたものはインターネットベースのものです。会場に行くと、まず私が受験者本人かどうか確認され、コンピューターが沢山並んでいる部屋へ連れて行かれました。

TOEFLを受けた印象

1台のコンピューターの前に座ると、受験者は各々説明を読み、自分でマウス等を操作しながらテストを進行させていきます。このコンピューター1台でリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4つの分野のテストを受けるので、コンピューターにはもちろんリスニング用のヘッドフォンと、スピーキング用のマイクが設置されています。私がこの試験を受けてみて感じたのが、まず、リーディングのテストを受ける際の不便さです。
問題を読む際ももちろんコンピューターの画面上で行うので、ペーパーテストの様に自分で問題用紙にアンダーラインを引いたり、マーカーで特定の言葉等を強調したりする事が出来ません。重要な個所や語句等を強調する事が出来ないので、問題を解く際に、あそこに書いてあった気がする、と思ってもそこに戻るまでに時間がかかってしまいます。

TOEFLを持ってて得したこと

また、ライティングもキーボードを使用して行われるので、普段からパソコンに接している人の方が有利な気もしました。なぜなら、普段からパソコンを使用している人は、タイピングの速度がパソコンを使用していない人よりも早い可能性があるからです。私がこの資格を持ってて得した事と言えば、大学に提出した際の点数がよかったので、英語のクラスの振り分けの際に、上級クラスに入れた事です。また、TOEFLを受けた事により、自分の英語力に自信を持てる様になりました。
海外留学に必須と言われるTOEFLの魅力と難点をまとめてみたへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

TOEICスコア700点台でも就活に活かせる!?TOEIC対策と効果

TOEICを受けた理由

私の大学で定期的にTOEICを受けるので、特に自分としては理由はなく学校が行うがままに試験を受けました。とは言っても受けるからにはいい点を取りたいですし、就職にも有利になる場合があるのでそれなりにTOEIC対策の勉強をして受けたつもりでした。会場は自分の大学でしたので、あまり緊張感はない感じでした。 私はそれなりに気合いを入れていたのでそんな事はなかったのですが、途中で寝てしまう人なども、視界のすみにちらほらと映っていました。でも確かにその気持ちがわからなくもありませんでした。なぜなら試験時間がとても長いのです。しかも最初にリスニングがあり、次に文法問題なのですが、その最初のリスニングが100問もあるのです。

TOEICを受けた印象

そのリスニング100問分を集中して聞くとなると、かなり疲れます。ですので途中でくじけてしまう気持ちもわからなくはありませんでした。しかし私としては準備もして取り組んでいたので、最後までやり抜きたいという気持ちからやっているとその長い試験時間も短く感じ、最後まで問題を解ききれませんでした。受けるまではこんなに過酷な試験とは思わなかったので、終わるとぐっと疲労が出て来たのを今でも覚えています。

TOEICを持ってて得したこと

その時の結果はあまりよくなかったのですが、次の大学でのTOEIC試験での最初の経験を生かし準備万端で挑み、時間配分や気力配分に気を使いうまくできたと思います。そして二回目の試験では700点代を撮る事ができ、就職活動の履歴書にも書く事ができ、受けられる企業も増えたので、TOEICで頑張って本当に良かったと思っています。確かに大変ですし勉強も試験本番も気力のいるTOEICですが、頑張ってスコアを持っていて損はしないと思いますよ。
TOEICスコア700点台でも就活に活かせる!?TOEIC対策と効果へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

2回目で860点を獲得したTOEICのヒアリング対策を紹介!

TOEICを受けた理由

将来的に、自分で輸入の仕事をしたいという目標があり、その為、貿易会社への転職を志しました。貿易関係の会社の採用条件に、TOEICが何点以上かという条件が多いため、TOEICを受験しました。もともと、英語は高校時代から得意だったので、あまり勉強は苦ではなかったのですが、私がやっていた受験英語ではリーディング主体だったので、ヒアリングを習得するのに少し骨が折れました。

TOEICを受けた印象

通信教育で、教材を申し込み。それを主体に勉強し、映画を見るときは、字幕を英語にしたり、歌を聴きながら、歌詞を書き取る自己流の勉強も取り入れてヒアリングをマスターしました。最終的には、努力の甲斐があって、リーディングよりもヒアリングの方が得意になっていました。受験が終わり、数社面接を受け、その中で採用していただきました。860点取ったので、会社の仕事でも、英語が絡んでくるものは任されることが多いです。

TOEICを持ってて得したこと

TOEICを持ってて、得したことは、やはり転職だと思います。学生の方なら当然就職についても強みになると思います。これは、あくまでも私の思ったことなのですが、英語をよく使う会社よりも、そこそこ英語を使う会社の方がTOEICの点数が高いことがメリットになるのではないかなと思います。TOEICの試験は、リスニングセクションとリーディングセクションです。
会話のもう一つの要、スピーチセクションがありませんので、会話力を測ることができない為、英語をよく使う会社は、それほど重要視しないのではないかと思います。数年前から、話すことに関してもスピーキングテストが出来た為、TOEICに対しての見方も変わってきてるようです。あまり、スピーキングについては自信がないので、来年は、このテストも受けようと思っています。
2回目で860点を獲得したTOEICのヒアリング対策を紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

特に「時間配分」TOEICスコアを少しでも上げるためのポイントを解説

TOEICを受けた理由

私がTOEICを受けた理由は英語力を上げたかったのと、TOEICを受ける事で有利になる事があるので受けました。もともと私は英語が苦手ででしたが、海外の方とコミュニケーションをしたいという思いから何とか英語力を上げようと考えました。その時に英検なども選択肢としてありましたが、国際的な広まりと評価からTOEICを選択致しました。実際に受けた方の話などを聞いていて、受けてみたくなったというのもありました。

TOEICを受けた印象

初めて受けた時の印象は問題の難易度とかよりも、とにかく時間が足りなかった事が最も印象に残っています。TOEICの勉強で使っていた教材などにも、「本番では時間との勝負になります。」という事は書いてあったので、事前に注意しておいたのですが、いざ本番になると本当に時間が足りませんでした。それでも急いでやったつもりだったのですが、もっとスピードを上げなければいけないとその時は深く反省致しました。

TOEICを持ってて得したこと

その後は普段の勉強でも練習問題を解く際に、時間をはかりながら勉強するなど時間を強く意識した勉強を行いました。まだまだ改善点は多くありますが、かなり良くはなりました。TOEICを受けてから得したことというのは、仕事や進路を選ぶ際に幅が広がった事です。例えば仕事の面接などで「TOEICで○○○点以上」というのが、条件になっている所もあります。 こういった時にTOEICを受けているかいないかで、選択肢が広がるのはとてもありがたい事でした。私はまだスコアが高くはないので今後スコアが上がれば、さらにそういった面で有利になる事はあると思います。スコアを上げる事よりも英語力を上げるのが1番の目的ではありますが、今後も受けれる時は受けてみようと考えています。
特に「時間配分」TOEICスコアを少しでも上げるためのポイントを解説へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop