「TOEIC」の記事一覧

偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめ

ディクテーションが英語学習の上達法

英語を聞き流すだけの勉強方で、英会話の習得ができるとさまざまなメディアでCMが流れています。多くの有名人やスポーツ選手が利用しているようで人気らしいのですが、個人的には英会話には良くても、英語の学習法としては足りないと思っています。よく、文法なんて意味がない、文法が分からなくても会話はできると言う人がいますが、確かに話しは通じるかもしれませんが、英語ときちんと学びたいなら、文法はやはり大切です。
最低でも、中学生レベルの文法と英単語はマスターするべきです。私は英和辞書を常に携帯し、分からない単語はすぐに調べるようにしています。例文を書き写し、分からない単語を調べ、和訳をします。この場合は意訳ではなく、なるべくそれぞれの単語の意味を反映した訳にします。また、「ディクテーション(dictation)」も大切にしています。
リスニングと似ていますが、ディクテーションは聞こえてくる英文と一言一句残さずに書きとる勉強法です。全ての文章、全ての単語を書き取ります。とても面倒くさい勉強法ではありますが、私の音の聞き取りとスペリング力が上達したのは、ディクテーションのおかげです。特に、TOEICなどの得点を上げるにはとても効果的だと思います。
学校では論文、ビジネスの場では書類と、英語でレポートを作成する機会は少なくありません。その場合、英会話だけの英語力では足りないのです。英語をきちんと習得したいならば、聞き流すだけのような偏った学習法ではなく、手間と時間がかかって面倒くさくても、リスニング、リーディング、グラマーと全方面での学習をおすすめします。できれば、ディクテーションもぜひ取り入れてください。映画のディクテーションは楽しくもあり、勉強にもなる素晴らしい勉強法だと思います。シナリオも手に入りやすいので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。
偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

TOEIC対策を重視した英語学習を、実践し感じたTOEICの効果!?

TOEICを意識した英語学習方法

私はなるべく英語の勉強をしていきたいと思っているのですが、最近はTOEIC対策を重視した英語学習をしていくようにしています。これまで私は趣味で英文学の作品を読むことがあったのですが、そのような英文学の本を読むことで英語の勉強をしていくようにしていました。しかし、TOEICなどの英語の資格試験用の勉強をした方が何かと役に立つと思い始め、TOEIC対策用の英語学習に切り替えていきました。
具体的には、まずTOEICで高得点を取った人の体験談のような本を何冊か読みました。それらの本で英語の勉強法や、英語学習に使った本などの情報を集めました。そして、そのような情報に基づいて、学習するための本を購入しました。英単語や英文法、TOIECの過去の試験の問題集など、それぞれのジャンル別に本を購入しました。
そして、それらの本を読んで勉強していきました。まず英文法に関する本を読んだのですが、これは大学入試の時に勉強した英文法の本とほとんど同じようなことが書かれていました。そのため、大学入試でしっかりと英語を学んでいる場合は、このような本はあまり必要ないのではないかとも思いました。しかし、大学入試から時間が経っていて忘れてしまっているところもありますから、そのようなことの確認としては良いと思いました。
また英単語の本でも、大学入試の時に使ったベストセラーの参考書と同じ単語が、思った以上にありました。しかし、そのTOEIC対策用の英単語の本には、その単語のニュアンスに関する説明があったり、その単語を使った2~3行の文章も記されていました。また、同じような意味の単語もいくつか書いてありました。このようなことから、とても使いやすい本だと思いました。
その他に、TOEICの過去の試験の問題集も何冊か解きました。それらの問題は、問題のレベルによって比較的簡単なものもありましたし、知らない単語があって難しく感じるものもありました。効果に関しましては、まだ勉強を始めてそれほど経っていませんから、はっきりと何か言えるわけではありません。しかし徐々に、大学入試の時から忘れていたことも思い出すようになったと思います。
また、過去問を解くことによって、TOEIC試験の形式に慣れてきたと思います。最近はインターネットでも効果的な英語学習ができますから、それらの方法も使って、これからもTOEIC対策をしっかりと続けていきたいと思っています。
TOEIC対策を重視した英語学習を、実践し感じたTOEICの効果!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙!?TOEICのスコアで730点を獲得

長文で単語を覚える英語学習方法

私は大学受験の時代に英語が決して得意な方ではありませんでしたが、以下の勉強方法を実践していく中でTOEICのスコアーで730点はコンスタントに取れるようになりました。まず、私が考えるに、英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙であると考えています。どんなに英文法がきっちり理解できていても、語彙がまったく頭に入っていなかったり、すぐに語彙の意味が思い浮かばなくなっている場合、英語力はあまり向上しません。
少なくとも、限られた時間の中で英語の試験を解くことには絶対に対応できないといって良いでしょう。そこで私は、英語の学習方法は「いかに語彙力を高めるか」、という点からアプローチをしました。具体的には、英語の長文をひたすら読解する手法を採りました。まず、本屋さん等で、大学受験の長文読解問題集やTOEICの問題集、その他なんでも良いのですが、だいたい1000ワード位から3000ワードまでの長文が載っている問題集で、なおかつ、その文章の和訳問題が挿入されているものを一冊購入します(文章の長さは自分の英語力と相談して決めていきます)。
そして、一日一問等と自分のペースで目標を設定し、その通りに解いていきます。ここでのポイントは、語彙対策を特別に行うことはしない、という点です。語彙対策を特別に行うことは、ある程度のレベル以上になれば必須になってきますが、最初の場合はほとんど必要ありません。試験対策に特化した問題集は、覚えておいて欲しい語彙を既に問題文中に取り込んでいるためです。
そして、語彙の対策は、問題を解いた後の自己採点の段階で、復習を要すると判断した場合にのみ確認していけば良いです。「それだけで大丈夫なのか?」と不安に思ったりもしますが、一冊をしっかりやるだけで、思った以上の語彙が習得できるようになります。
この勉強法のメリットとしては、継続し易い効果がある点にあります。私は以前に、語彙対策のために市販の単語帳や語彙集を使用していました。しかし、語彙だけの反復作業だけではすぐに飽きてしまって継続できず、挫折してしまいました。上記勉強方法は、こうした事態を回避できるためお勧めの手法です。
また、長文を読むことで、実際の問題形式に則した形で語彙を確認できるうえ、重要語彙は異なる問題を解いていく中で頻繁に復習できるので記憶の定着効果も大きいです。コツコツと語彙の勉強するのが苦手でも、上記の方法で勉強を継続し、ある程度スコアーが伸びさえすれば、段々とやる気も上がってきます。英語の勉強を好きになるために、まずはスコアーを一定程度伸ばす方法として、是非試してみてください。
英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙!?TOEICのスコアで730点を獲得へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

音読、リスニング、書き取りの3つをバランスよく鍛える英語学習法とは!?

3つをバランスよくとりいれた英語学習方法

私の英語勉強法は音読、リスニング、書取の3つをバランスよく取り入れています。使う教材は主にDUO3.0という書籍と別売りのCDです。DUOは500あまりの例文に重複なくたくさんのある単語が入るよう工夫して作成されているので、最低限の労力で英単語や熟語を覚えることが可能です。まずはひたすら音読して例文を暗記してしまいます。
これは、野口悠紀雄氏の著書「超勉強法」から取り入れたマスター法ですが、だいたい1つの例文に付き20回くらい音読すれば頭に入ってきます。おおまかな発音記号が本には書いてあるので、読み方はなんとなくわかりますが、万が一間違っているといけないので、CDを聞きながら正確な発音を確認します。ある程度英文を覚えるようになったら次は、書取です。日本語訳をあらかじめ別紙にプリントしておいて、英文が書けるかどうかテストします。
できなかったものにはチェックをつけて何度もできるまでテストします。最後はリスニングです。DUOのCDは1時間程度にまとめられているので、これを何度も繰り返し聴いて、英語訳が頭に浮かんでくるようになるまで何度も聞きます。以上がDUOを使った学習法です。その他、podcastを使って英語のNEWSが聞けるか確認したり、TOEICを受けて力試しをしながら英語力を鍛えています。
日頃からさまざまな英語にふれて、英語感をみにつけておくことが肝心でしょう。TOEICは500点代から700点代まで上昇することができました。DUOは単語・熟語がほぼ基本的なものが網羅されているので、この一冊でかなりの量の英単語はカバーすることができます。また、丸暗記したことによって英作文にも役立ちます。暗記した文をさまざまに組み合わせていくことで簡単な文なら作ることができます。聞くことができれば話すことができるので、まずは聞くことを中心に勉強するとよいと思います。
音読、リスニング、書き取りの3つをバランスよく鍛える英語学習法とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop