「リスニング」の記事一覧

簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法

300のフレーズを丸暗記する英語学習方法

ある程度の基礎学力は必要ですが、私が自分自身で実行してきた英語習得方法をお話しします。ここで紹介することは、私が自信をもって推薦する方法ですので、是非皆さんにもやっていただきたいと思います。【往復チケットをください】を英語に訳すと【I want to buy a round ticket】となりますが、このようなフレーズを300程度集めて徹底的に覚えるのです。難解なフレーズである必要はありません。とにかくこの程度の簡単なフレーズで良いのです。
これは旅に関するフレーズですが、このように様々な分野を自分で決めて簡単なフレーズを300ほどピックアップします。そして、あとはひたすらこれを暗記。まずはこの段階まできっちりとやり抜きます。問題はこの効果がどう表れるかですね。このようなフレーズを覚えた後に、実際の生活シーンで似たような状況が出てくるはずですが、その時に頭の中で英語でそのフレーズを唱えるのです。
たとえば、寿司屋に入ったとしましょう。その時「どれがお勧めのネタなのかな?」とまずは日本語で考えます。そしてその次ぎに、300フレーズの中でこのフレーズに似たものがなかったかどうかを思い出します。 「そういえば what do you recommend・・・ という文章があったな」
もうおわかりですね。この寿司屋で私の頭の中にはこういう発想を起こすのです。そして、頭の中で文章を組み立てて復唱するのです。このような作業が外国で役に立ちます。4年前にパリに遊びに行ったのですが、その時入ったレストランでも、お店の人にこの構文を迷うことなく話すことが出来、そして実際に通じました。ただ問題はヒアリング。このときにも、私の問いかけに早口で返してきたので何を言っているのかわからなかったのです(笑) でも、この問題は別の勉強方法で克服すれば良いのです。
簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!

リスニング教材で英語学習方法

英語は海外に行って勉強するのが本当は一番いい、一番の近道だ、と主張する人がいますが、実際それは真実だと思います。赤ちゃんがそうであるように、相手の言っている言葉を理解してリアクションをおこさなければ自分の生命の危機にさえ関わる、少なくとも生活に著しい不便が生じる・・といった環境におかれることで、人間の脳はそれに順応して必要なものから習得していくようにできているからです。
しかしだれもが留学できるわけではありませんし、する必要もないと思います。自分で目標を決めてひとつずつクリアしていくことによって、総合的な英語力も付いてくるからです。まずは「音」が一番大切です。耳から入ってくる音を理解して、こちらから相手にわかる「音」を発しなければいけません。リスニングとスピーキングは非常に密接な関係にありますが、ここではリスニングについて書いてみます。
リスニングを勉強する時の方法は・完全なネイティブのスピードで・自分の語彙の範囲内の内容を・わかるまで何度も聞くの繰り返しがとても効果的です。 わからないものは何度聞いてもわかりません。ここが留学時と違うところで、わからない言葉も場面を変えて何度も出てくれば自然とわかるようになりますが、日本で学習する場合はそうはいきません。わからないものは調べるしか方法がないのです。
リスニング教材を用意して、まずは何度か聞きます。何度か繰り返して聞き取れないときはスクリプトをチェックします。実際にわからない単語があれば調べて、単語単位で知らないものがなければ更に聞き込みます。知らない単語がないのに聞き取れないようなら自分でその箇所を声に出して何度も読んでから聞き直します。この方法を根気よくやることでかなりのリスニング向上が得られます。
英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙!?TOEICのスコアで730点を獲得

長文で単語を覚える英語学習方法

私は大学受験の時代に英語が決して得意な方ではありませんでしたが、以下の勉強方法を実践していく中でTOEICのスコアーで730点はコンスタントに取れるようになりました。まず、私が考えるに、英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙であると考えています。どんなに英文法がきっちり理解できていても、語彙がまったく頭に入っていなかったり、すぐに語彙の意味が思い浮かばなくなっている場合、英語力はあまり向上しません。
少なくとも、限られた時間の中で英語の試験を解くことには絶対に対応できないといって良いでしょう。そこで私は、英語の学習方法は「いかに語彙力を高めるか」、という点からアプローチをしました。具体的には、英語の長文をひたすら読解する手法を採りました。まず、本屋さん等で、大学受験の長文読解問題集やTOEICの問題集、その他なんでも良いのですが、だいたい1000ワード位から3000ワードまでの長文が載っている問題集で、なおかつ、その文章の和訳問題が挿入されているものを一冊購入します(文章の長さは自分の英語力と相談して決めていきます)。
そして、一日一問等と自分のペースで目標を設定し、その通りに解いていきます。ここでのポイントは、語彙対策を特別に行うことはしない、という点です。語彙対策を特別に行うことは、ある程度のレベル以上になれば必須になってきますが、最初の場合はほとんど必要ありません。試験対策に特化した問題集は、覚えておいて欲しい語彙を既に問題文中に取り込んでいるためです。
そして、語彙の対策は、問題を解いた後の自己採点の段階で、復習を要すると判断した場合にのみ確認していけば良いです。「それだけで大丈夫なのか?」と不安に思ったりもしますが、一冊をしっかりやるだけで、思った以上の語彙が習得できるようになります。
この勉強法のメリットとしては、継続し易い効果がある点にあります。私は以前に、語彙対策のために市販の単語帳や語彙集を使用していました。しかし、語彙だけの反復作業だけではすぐに飽きてしまって継続できず、挫折してしまいました。上記勉強方法は、こうした事態を回避できるためお勧めの手法です。
また、長文を読むことで、実際の問題形式に則した形で語彙を確認できるうえ、重要語彙は異なる問題を解いていく中で頻繁に復習できるので記憶の定着効果も大きいです。コツコツと語彙の勉強するのが苦手でも、上記の方法で勉強を継続し、ある程度スコアーが伸びさえすれば、段々とやる気も上がってきます。英語の勉強を好きになるために、まずはスコアーを一定程度伸ばす方法として、是非試してみてください。
英語を学ぶ上で最も大事なのは語彙!?TOEICのスコアで730点を獲得へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

音読、リスニング、書き取りの3つをバランスよく鍛える英語学習法とは!?

3つをバランスよくとりいれた英語学習方法

私の英語勉強法は音読、リスニング、書取の3つをバランスよく取り入れています。使う教材は主にDUO3.0という書籍と別売りのCDです。DUOは500あまりの例文に重複なくたくさんのある単語が入るよう工夫して作成されているので、最低限の労力で英単語や熟語を覚えることが可能です。まずはひたすら音読して例文を暗記してしまいます。
これは、野口悠紀雄氏の著書「超勉強法」から取り入れたマスター法ですが、だいたい1つの例文に付き20回くらい音読すれば頭に入ってきます。おおまかな発音記号が本には書いてあるので、読み方はなんとなくわかりますが、万が一間違っているといけないので、CDを聞きながら正確な発音を確認します。ある程度英文を覚えるようになったら次は、書取です。日本語訳をあらかじめ別紙にプリントしておいて、英文が書けるかどうかテストします。
できなかったものにはチェックをつけて何度もできるまでテストします。最後はリスニングです。DUOのCDは1時間程度にまとめられているので、これを何度も繰り返し聴いて、英語訳が頭に浮かんでくるようになるまで何度も聞きます。以上がDUOを使った学習法です。その他、podcastを使って英語のNEWSが聞けるか確認したり、TOEICを受けて力試しをしながら英語力を鍛えています。
日頃からさまざまな英語にふれて、英語感をみにつけておくことが肝心でしょう。TOEICは500点代から700点代まで上昇することができました。DUOは単語・熟語がほぼ基本的なものが網羅されているので、この一冊でかなりの量の英単語はカバーすることができます。また、丸暗記したことによって英作文にも役立ちます。暗記した文をさまざまに組み合わせていくことで簡単な文なら作ることができます。聞くことができれば話すことができるので、まずは聞くことを中心に勉強するとよいと思います。
音読、リスニング、書き取りの3つをバランスよく鍛える英語学習法とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop