「英語学習を続けるコツ」の記事一覧

ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?

脳に英語回路を作る英語学習方法

英会話に興味があり、まず単語を暗記してから色々試したものの、当然聞き取りも話せる様にもなれませんでした。しかし、ある本を読んで考え方が180度変わりました。脳の中に英語回路を作るということが書かれていて、衝撃を受けました。詳細は、まず英語耳を作って5つの音の違いを聞き分けることから始めます。
例えば、「L」と「R」を聞き分けるとか、「S」と「TH」を聞き分けるなどです。正直、今までの勉強法は、単語や文章を覚える為に、口に出して読んでみるのが基本でしたが、その場の自己満足に近く、実際の英会話が必要な場面では全く意味がありませんでした。
しかし、この聞き分けることを頭に入れて単語をリスニングすると、自然と頭の中にスペルが浮かんでくる感じです。そして、はっきりと「L」と「R」の違いなどが時間とともにわかって来ます。その後に、映画や海外ドラマのDVDで俳優のセリフを聞いてみても、今までとは全然違う感覚で耳の入って来ます。
これが、脳に英語回路を作る最初のステップなのです。これだけでも、私には十分過ぎる進歩だと思い、今でもiPhoneの英会話のアプリを使って、毎日英語回路を作成中です。中学校から英語の授業が始まり、卒業まで6年間も英語の授業があったのに、最近の数か月で間違いなくレベルが上がりました。
ぜひ、学校でもこの様な実践的な英会話が身に付く方法で勉強するべきだと思います。聞き取りだけでなく、発音に関しては、ボイスレコーダーに録音して、自分で聞いてみます。前段で、脳に英語回路を作った後のステップなので、自分の発音がしっかりしていないと、違和感があってしょうがありません。その相乗効果で、聞き取りと発音が抜群にレベルアップすることが出来ました。自分でこの方法の良さを体験したので、子供たちにも伝えようと思います。
ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!

効率的な英語学習法法

英語の学習方法は、人によって本当に様々だと思います。私が思う最も効率的な英語の学習方法は、インターナショナルスクールに通って日本人以外の友達を作るか、英語圏の国に留学してしまい、日本人以外の友達と一緒に生活するか、のどちらかだと思います。しかし、これらを実際に実行出来る人は金銭的にも状況的にもとても限られていると思います。その為、私が日々行っている英語の学習方法をこれから紹介したいと思います。
私が、英語を学習する際に重要だと思う事は主に3つあります。1つ目は英語の本を読む事です。ここで重要なのは、本を読む際に分からない単語全てを1つずつ調べる事は絶対にしない事です。なぜかと言うと、単語にばかり目をやってしまうと、英語を学ぶ事よりも単語を調べるという事に重点がいってしまい、分からない単語が沢山ある始めの頃はそれだけでへとへとになってしまうからです。
その為、本を読む際は適当に分からない単語をいくつかピックアップして調べ、読み進めていく事が重要です。2つ目は、英語を流す様に聞く事です。例えばこれは洋楽等を聴く際に、1つ1つの単語を一生懸命聞き取ろうとするのではなく、ぼんやりと流す様に何度も同じ曲を聴く事で、次第に不思議と英語が聞き取れる様になっていく為です。英語を聞こう聞こうとせず、楽しむ様に、流して聞く事で英語を聞き取れる様になるスピードも速くなると思います。3つ目は、英語を学び始めて最初の頃は文法を気にせずどんどん話す様心がけるという事です。
英語を学んでいると、間違った英語を話したくないと思ってしまう為、ついつい文法にばかり目をやってしまいますが、実はこれは逆効果です。話す事よりも、正しい文法を身に着ける、という事に重点がいってしまう為スピーキングの練習を行うにあたって文法はとてもやっかいな存在となっていまうのです。文法は気にせず、とにかく英語を話す事を心がける事が、最終的には英語を話せる様になる為の近道であると私は思います。
私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

通勤時間に英語学習!TEDのプレゼン動画で飽きずに続けられる!

英語耳と瞬間英作文で英語学習方法

私は英語が苦手です。TOEICで300点程の実力です。そんな、私の英語の勉強方法は英語耳と瞬間英作文です。勉強時間は毎日の通勤時間と昼休みと帰宅してから夕食を終えた1時間です。通勤時間はTEDのプレゼンの動画を見ます。とても熱のこもったスピーチなので、聞き飽きることなく毎日聞いています。昼休みは中学校レベルの文法のテキストを解いています。
そして、帰ってきてからの自宅学習では自室なので声を出しての学習ができるので、発音や音読をしています。発音が完璧になるとリスニング能力も上がると聞きました。そうやって、日本語特有の少ない発音ではなく英語の発音を聞き分けられるようになることを「英語耳」と言うそうです。英語耳になるために、毎日30分は子音と母音を発音記号を見ながら何度も反復して単語を音読しています。そして、文法は瞬間英作文という短い単純な英作文をたくさん繰り返す学習をしています。
単語も中学レベルの簡単なもので構成されている文を作ることが重要です。この手法はテキストが発売されているので、それを見ながら何度も英作文をします。この時も、英作文のことだけを気にするのではなく発音も気にしながら日本語的なカタカナ英語にならないように気をつけています。このような学習方法で1年程学習しました。特に発音は良くなったように思います。それから、映画を字幕で見ていると自然と単語が耳に入るようになりました。以前は全く聞き取れませんでした。
そして、英作文も中学生レベルの文法のものであれば大体頭でじっくり考えずに自然に出てくるようになりました。TOEICは400点を超えることができました。たまに、飽きることもありますがその時はNHKの英語番組を見て気晴らしをしています。この調子で長く続けて行こうと思います。
通勤時間に英語学習!TEDのプレゼン動画で飽きずに続けられる!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

理由は!?独学から、通信講座に変更したら英語力が格段に向上!

イメトレと実践で覚える英語学習方法

わたしは個人教授とか多額の費用のかかる学習には関心がなかったので、高校生から30代半ばまでずっと独学してきました。通信講座英会話を申し込み、半年間毎日1レッスンずつテキストを見ながらCDを聞き、発音や会話の練習をしました。その後まもなく初めてのアメリカ合衆国旅行へ行き、勉強した会話のフレーズを早速使う機会がありました。 受講した後すぐ使ったのが効果的だったのだと思います。その後も英語を忘れまいと思って、毎月NHKラジオ英会話のテキストを購読しラジオを聞きながら発音や会話のフレーズを練習し続けました。でも英語を話す機会がないのでなかなか覚えられません。それでテキストに載っている覚えたい文法や会話のフレーズを自分用のノートに書き溜めて置きました。2,3年はそれをずっと続けました。 34歳になってボランティアでカンボジアへ移り住みました。最初の3年位は現地の言葉を学習して覚えることに集中していたので、今までラジオや通信で学んだ英語をほとんど忘れてしまいました。英語圏から来た友人たちもいて英語を話す機会はあるのですが、脳がカンボジア語になってしまっているため極簡単な英語もスムーズに出てこなくなってまいました。 それでしばらくは西洋人たちともカンボジア語で会話するようになりました。現在移住して4年たち、ようやく現地の言葉に慣れたので改めて英語を復習しようという気になりました。それで長いこと書き溜めていた英会話ノートを最近になってようやく開くことになりました。毎日1ページずつ読んでいくつかの文法を使って自分なりに文例を作り、会話のイメージトレーニングをしています。 西洋人たちと接しながら機会あるごとに覚えた表現を使うようにしています。一度使った表現、文法はほとんど忘れることはありません。覚えた英単語の数もどんどん増えて行き、今でも楽しみながら独学を続けています。
理由は!?独学から、通信講座に変更したら英語力が格段に向上!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

pagetop