「カナダ」の記事一覧

環境で人間は変わる!カナダ語学留学の体験レポート

一年間の語学留学をカナダで体験

一年間の語学留学をカナダで体験してきました。カナダに決めたのは、友人に薦められたからという単純なものでした。出発時の私の英語力は高校の授業レベルで、リスニングは出来るものの会話というものは挨拶程度しか出来ませんでした。そんなわけで、現地の語学学校に入学をしある程度の英語力を身につけることにしました。
しかし、最初にホームステイを斡旋された家はフィリピン系の家庭で、かなり訛りが強く聞き取ることさえ困難でコミュニケーションかなり苦労をすることになってしまったのです。ママは優しく、家庭の環境には全く問題はなかったのですが、会話が出来ないストレスは大きかったです。その反動か、語学学校では日本人の友人ばかりになり、ほとんど英語を話さないで過ごす日ばかりでした。
それでも、カナダでの生活は楽しかったです。日本とは全く違う景色、全く違う文化で、見るもの全てが新鮮で輝いていました。向こうで知り合った友人と、観光地を回ったりお祭りに参加したりと、日本では見れないもの体験できないものを存分に楽しむことが出来ました。特に、学校の友人と参加したマラソン大会は忘れられない思い出です。
さらに、カタコトながら会話も出来るようになり、他の国から留学に来た子や現地の子とも親しくなることが出来ました。いろいろな国民性を知るきっかにもなり、今まで持っていた各国への固定概念は完全に払拭されました。一年で、あんなに大きく自分が変わったと思ったのは初めてです。しかし、帰国すれば私も日本人です。あんなに変わったと思っていた内面も、日本人仕様に戻ってしまいました。
これほどまでに住んでいる環境は人に影響すると思い知ったことはありません。それでも、カナダで知り合った日本の友人と帰国後も会ったり、カナダにいる子とはメールでやり取りが出来る関係は保っています。カナダに行かなければ会えなかった素敵な友人たちです。辛いことも多かったですが、本当に良い体験をしたと思っています。
環境で人間は変わる!カナダ語学留学の体験レポートへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語学習は自分に合うと思える方法で英語力を伸ばすのが1番

スピーキング強化の為にカナダへ留学

私はカナダに来て1か月目になる。私と一緒の日にカナダに来たという人たちは、すでに学校に通い始めてはいるのだが、私は12月から通うことに決めた。理由は自分に合うと思える学校になかなか出会えなかったからだ。
たくさんお試し授業を受けて、この学校は良いんじゃないかと思えるところもいっぱい見つけたが、それでもなかなかピンっとこなかったのだ。いったいそれはどうしてだろうと考えたのだが答えはなかなか見つからなかった。
その答えがようやく分かったのは、私が決めた学校に体験に行った時だった。今まで私が体験入学をしていたのは1クラス20人前後のいわゆる大人数でのクラスだった。確かに友達はできるかもしれない。
それも国際色豊かでともに英語を学びあえる仲間として、切磋琢磨できるという日本では得られない体験を味わえたかもしれないがいかんせん違和感もあった。そう。発言する機会が少ない事だ。
もともと私はスピーキングの強化の為にこのカナダという国に来たというのに、その発言の機会が20分の1だったのだ。一方私が通うと決めた学校は…なんと週1、だけど1対1。つまりずーっと先生と英語で会話できるという環境なのだ。
大変ありがたい。最初決まるまで周囲も学校に通ってるし…となんだかみじめな気持ちになったりしたものだったが、今ではこの選択が正しかったと思える。大事なのは、本当に自分が「ここに入りたい!」と心から思える学校に通う事だということに、今更ながら気づかされた。
勿論、先生との発言の機会はあっても友達ができない…というのでは意味はないがそんなことはない。私にはシェアハウスという立派な英語環境が用意されている。外国の人とともに暮らしていくシェアハウスは、やはり日常会話が英語のやり取りになるため、自然と英語力も身に着くしコミュニケーションの相手としてシェアメイトともっと仲良くなれる。
そしてそこからさらに新しいコミュニティが広がってくるのだ。英語を学ぶには確かにプロに教わるのが1番だが、それをうまく生かしながらも自分に合うと思える方法で語学力を伸ばすのが1番であると私は考える。

英語学習は自分に合うと思える方法で英語力を伸ばすのが1番へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

海外語学留学では絶対に日本人の少ない場所に行くべき!

夢だった海外語学留学

高校生の頃から私は、複数の言葉を操る人の思考回路はどうなっているんだろう?いつか自分もその状態を体験してみたい、という興味を持っていました。そして、とりあえず英語を身につけよう、言葉を身に付けるには現地で生活するのが一番、という根拠のないポリシーを掲げ、いつか語学留学することを夢に見ていました。
大学を出て就職して5年後、ある程度資金もたまったので、いよいよ語学留学をしようと思い立ち、会社を辞めて実行することにしました。
  まず、留学先を選ぶのに、なるべく日本人の少ない場所にしようと思い、日本人の多そうな街は避け、カナダのトロントを選択しました。次に学校選びですが、書店で留学情報誌を購入し、その中で自分の予算や希望期間に合致するコースがあり、ホームステイ先も紹介してくれる学校を選びました。語学留学先を斡旋してくれる代理店もあるようでしたが、高額でしたし、これもいい経験と思い、ビザなどの手続きも、全て自分で行いました。
いざ現地へ着くと、予想通りというか期待通り、街にも学校にも日本人は少なかったので、学校での授業はもちろんのこと、友達とのやり取りや、もちろんホームステイ先でも、全て英語でしか意思の疎通ができない状態でした。
クラスは英語レベルごとに分けられ、2週間に一度入れ替わったりしましたが、日本人はいつも私のみか、いてももう一人か二人だけ、という状況でした。他にはヨーロッパや中南米、韓国からの留学生が多く、皆、不完全ながら英語でやりとりして親交を深め、世界各地に友人ができたようで楽しかったです。講師は、さすがに慣れていて、英語で英語を非常にわかりやすく教えてくれる講師もいれば、やや怠慢で、映画のDVDを英語字幕付きで見て、感想を言い合って1時間終わり、という講師もいて、ピンキリだな、という印象でした。
こうして英語にどっぷりと浸かった生活を9ヶ月間送り、英語力はそれ以前に比べて確実にアップしましたが、残念ながらバイリンガルとまではいかず、当初の目標だった、「複数言語を操る人の思考回路」は体験できないままでした。しかし、英語力がアップしたということも勿論ですが、それだけでなく、外国人と臆することなく話せるようになったこと、そして、とりあえず何でもやってみよう、というある種の度胸がついたことは、この語学留学の大きな収穫であったと思います。  
海外語学留学では絶対に日本人の少ない場所に行くべき!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

海外語学留学を1年間すると英語は習得できるのか!?

学校の制度を利用して海外語学留学

高校時代に、学校の制度として1年間の海外留学をしました。場所はカナダで、ホームステイをしながら現地の学校に通い、日本の学校には定期的なレポート報告と帰国後のレポートを出すことになっていました。
何もかもが始めての体験で、特にカナダと言う国も始めてだったので、楽しい思い出も苦労した思い出も沢山あります。一番は言葉が通じないと言うことでした。いくら小学校から英語の授業を受けていたとはいえ、外国人が喋るスピードと言うのはとっても速いんです。
留学が決まってから英会話を習っていたのに単語しか拾えなかったり、発音がわからず会話について行けないことなんて始めの頃は当たり前でした。また生活習慣も大きく違い、一つ一つのことに戸惑ってばかりです。食事の量なんかは当たり前ですが、基本的にお菓子は着色料が多すぎて最初は食べるのを躊躇ってしまうこともありました。また基本的にどこの部屋のドアも開けっ放しなんです。始めは知らず、部屋にいるときは閉めていたので心配されてしまいました。
幸いホームステイ先の家族が良い人たちで、多少の失敗は何度も丁寧に教えてくれました。年が2つ違う男の子がいて、学校のレポート等手伝ってくれましたし、色々と観光にも連れて行ってくれました。
家族とは離れて、しかも長期での留学と言うことで緊張や不安も多かったですが、振り返れば勉強になったことや楽しかったことばかりです。今でも日常的な英語には不自由しませんし、なにより1年も外国にいると、日本でのレポート等は日本語で書くのが難しくて、英語で書いてしまったりするぐらいに自分に取って英語が自然な物となります。
今でもホームステイ先の家族とはメールでやり取りをしていますし、スカイプが出てからはテレビ電話をしたりもしてます。語学はもちろん、1人で知らない世界に飛び込むという経験は私の人生の中でも大きな財産になりました。
海外語学留学を1年間すると英語は習得できるのか!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop