「オーストラリア」の記事一覧

ケアンズで語学留学したら1ヶ月で英語が理解できるように!?

大学を卒業した後の春休みを利用して

大学を卒業した後の春休みを利用して、オーストラリアのケアンズへ一か月間の語学留学をしました。ケアンズを選んだのは、趣味でやっていたスキューバダイビングの資格のインストラクターへのアップグレードもアクティビティに組み込める、という点です。将来その資格を使ってのワーキングホリデーも視野にいれていたので、語学学校のスケジュールとダイビングのスケジュールがあらかじめセットされているコースを選びました。
宿泊はホームステイを利用しましたが、春休み期間ということもあり、語学学校自体は日本人が多く、また授業よっては日本人同士でグループワークになってしまうことも多かったため、合間で個人授業をとったりすることにはなってしまいました。そのため、ホストファミリーが誘ってくれる行事や、ワーキングホリデー中の人に会える機会は積極的に利用して、時間を有効に使うように心がけました。
ダイビング資格のアップグレードはボート泊でクルーは全てネイティブという環境で行ったので、英語を使う機会としては一番よかったかもしれません。仕事の状況などもクルーに教えてもらいながらの取得だったので、実際自分がワーキングホリデーをするとしたらどれくらいの収支になるのか、適した場所や職場はどこか、などとても参考になりました。また、ケアンズ以外の場所も検討してみたらどうか、というアドバイスももらいました。
同じ時期に留学していた日本人は、学生から社会人、WHのスタートにきている人など様々で、ダイビングの初級資格をとって帰る人が多く、概ね、みんな満足していたように思います。ケアンズは日本人の受け入れに慣れている、過ごしやすい場所ではありますが、逆に英語を使う少なくなりがちなので、こうして語学以外の目的も持ったほうが、充実した留学期間を送れるのではないかという印象でした。
ケアンズで語学留学したら1ヶ月で英語が理解できるように!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験

1ヶ月間の短期オーストラリア留学

私が通信制の高校3年生の時、授業の一環で1ヶ月間のオーストラリア語学留学へ行きました。場所はオーストラリアの東側にあるブリスベンという街です。
それまで旅行で海外は一度行った事があったのですが1ヶ月も日本を離れると思うと本当に不安だらけで、ホームステイも相部屋だったので同室の子と仲良くできるかとか、なによりも英語が全く話せない聞き取れない状態だったのでちゃんと生活できるのかとか考えだせばきりがないほどでした。
そうこうしながらもオーストラリアに到着し、空港の外へ出ると天気も晴れていてみるもの全てが英語表記でまさに外国そのもの。すっかり好奇心の塊になりました。
私がホームステイでお世話になった家族はベジタリアンで躾の厳しいお母さんと子供が3人と犬がいるお家です。家から学校まではバスで通うのですがちゃんと最初の往復を一緒に来て教えてくれました。
授業はというと本当に基礎英語と発音の練習ですが、まず先生が話す英語が聞き取れないので苦労しました。ゆっくり丁寧に分かるまで教えてもらい、だんだん耳が慣れてくるとホストファミリーの話す言葉も少しずつ聞き取れるようになり、beenをベーンと発音しているのが分かったときはこれがオーストラリアなまりかと嬉しくなりました。
お昼ご飯が学校の近くのカフェでみんなと食べ、夜は初めてのベジタリアン料理を家で食べます。慣れない味付けでしたが残すと悪いのでがんばって全部食べていました。未成年だったのでお酒も飲めないので学校が終わった後はショッピングセンターやスーパーへ行って遊んでいました。
スーパーではカラフルなお菓子がいっぱいあって安くで買えるので、お気に入りのグミのつめ放題をよく買って帰りました。でもホストマザーが家でお菓子を食べさせない人だったのでこっそり隠れて子供達と食べていたのですが一度見つかり怒られました。
英語が分からなくても子供とはなんとなく話してる事を想像しながらゲームをしたり庭で遊んだりできて楽しかったです。語学学校のイベントでコアラを見に行ったり海へ遊びに行ったりしてあっというまの一ヶ月でした。
最後お世話になったホストファミリーと別れるときも寂しくてもっと英語が話せたらなあと思いました。留学は旅行と違い、現地の生活を体験できる本当に貴重な時間だと思います。
英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語圏での英語習得の効率は日本での何十倍!?留学体験談

オーストラリアのカーティン工科大学での留学

オーストラリアの西オーストラリア州パースにある、カーティン工科大学で、英語の語学留学をしました。パースは自然豊かで、日本人も少なく、貴重な体験をしたと思います。
英語は世界中で話されることばで、その土地土地によって全部違います。オーストラリアの英語は、暖かく愛嬌があって最高です。どこの土地でも、その土地の人とふれあい、その土地のアクセントを覚えて帰ってこれるくらい、その場所になじめたら、その留学は大成功だと思います。
いったん帰国してから、また英語圏の大学進学を目指して準備しました。オーストラリアでお世話になったホームステイファミリーや、同級生は、一生の宝物です。今でもフェイスブックなどを通じて、やり取りをしています。ステイ先のお母さんには、料理の作り方をたくさん教わりました。
自分でもいろいろ日本食を作ったりしたので、食べ物のストレスはほとんどありませんでした。ホームステイのお母さんはおおらかなオジーで、この留学が成功したのも、この家族との出会いが大きかったと思います。
Australia Zoo, Koalas
Australia Zoo, Koalas / kevgibbo

パースでは、有名なモンキーマイヤへ友人たちと出かけて、イルカに餌をあげたり、ブッシュウォークに先生と一緒に出かけたり、思い出はたくさんあります。先生には本当によくしてもらいました。ランチのときには、持ち寄ったマフィンやお寿司で卒業していく人のためにパーティをしたり、毎日楽しく過ごせました。
英語を習うと、自分の国の政治や経済、宗教やしきたり、習慣について説明することのできない、語彙の乏しさ、思考の貧しさを痛感します。そういうことを日常生活の中で、やってきたことがないし、必要も感じないまま暮らしているからだと思います。
日本語でも説明がままならないことを、英語で考えて説明するのは骨が折れました。同時に、日本の制度や習慣を、外から考えるきっかけになりました。
英語圏に出ると、世界の広さもわかるし、自分の小ささもわかるという感じです。英語が話せないと、生活が成り立たないということを体験すると、英語学習にも熱が入ります。日本にいて、英語を習うことの効率の悪さをひしひしと感じました。英語を習うなら、英語圏に出ないといけません。
なるだけ若い時に、短い時間でも海外へ出て、自分を試してみるのは、長い人生において、考え方が変わるくらいの体験になります。ぜひ、留学をしてみることをお勧めします。
英語圏での英語習得の効率は日本での何十倍!?留学体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

「英語を話さないと生活できない」追い込まれたら英会話力は確実に伸びる!

9ヶ月間のオーストラリア・メルボルン留学

10年以上前になりますがオーストラリアのメルボルンに9ヶ月ほど語学留学しました。治安が良いことと時差が少ないことからオーストラリアに留学することを決め、メルボルンを選んだのは日本人が比較的少ないという理由からでした。
ずっと実家で生活していたので、大学の寮生活にとても憧れがあり、メルボルンの大学付属の語学学校に留学することに決めました。
メルボルンについて、学校関係の方が迎えに来てくれて大学寮まで送ってくれたのですが、オーストラリアのアクセントが強いというのと、自分の英語力のなさから、初めはとても苦労しました。
部屋は一人部屋でとてもシンプル。食堂はあるのですが、とにかく言葉が通じずに勝手が分からず苦労しました。ちょうど、大学の休み期間にきてしまったため、学生も少なく、日本語が分かる人は一人もいませんでした。最初の3日は、寂しくて辛くて泣いてばかりいました。
ところが学校が始まると、すぐに友達もでき、いろいろ分からないことも教えてもらえ、生活はガラっと変わりました。英語は中学高校と得意科目で英検の2級までは持っていたのですが、高校で習った英語は読み書き文法中心で、話すということになれてませんでした。
Melbourne
Melbourne / eGuide Travel

オーストラリアに来て、「日本語を話しても誰も理解してくれない、英語を話さないと生活できない」という現実に追い込まれてから、初めて会話の英語が伸びてきてくれました。
日本人はどうしても「きれいな文法できちんとした英語で話さないとはずかしい」と思ってしまうのですが、実際は少々間違えてもいいからどんどん勇気を出して話していくということがとても大切だということが分かりました。
学校の内容はとてもよく、レベルによって細かくクラスが分かれていて、施設も充実していました。初めのクラスはテキスト中心のクラスなんですが、クラスが上がっていくと、新聞を読んでくる宿題がでたり、文法もかなり細かいものになってきました。
そして留学して半年もすると夢を英語でみ始めるようになり、とてもびっくりしました。一度ホームステイも経験したのですが、私が行ったところは母子家庭でティーンの子供達がいる家庭で、子供達は部屋にこもっていて、お母さんは夜遅くまで働いているという家庭で、家庭内での英会話の上達は期待できず、値段も高かったことから大学寮に戻りました。
オーストラリアでは、お金のためにホームステイを何人も受け入れている家庭もたくさんあるようでした。メルボルンは治安もよく、トラムやバスの便もよくとても生活しやすいところなので留学にはとてもおすすめな町だと思います。
「英語を話さないと生活できない」追い込まれたら英会話力は確実に伸びる!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop