「アメリカ」の記事一覧

外資系企業に就職する近道!語学留学で選択肢を広げる

数年後には東京の会社に転職することが目標

地方の某国立大法学部卒業の女子です。法学部でしたが、当然(といってもいいでしょうか)司法試験は当初から圏外でした。自動車メーカーに勤める父親のコネもあり、地元の一部上場企業(やはりメーカー)に就職しました。会社では管理部門に在籍、原価管理、予算管理などなどを担当し、いろいろ勉強させてもらいました。が、残念なことに、いかんせん男性上位の会社。女性のキャリアアップはむずかしのだ、と入社後一年もたたないうちに、認識せざるをえませんでした。
やせていて体型的には問題のないものの、顔立ちは十人並み。性格的にはちょっと問題ありのわたし。同僚男性にモテるはずもなく、車内結婚は望み薄でした。将来について思い悩んでいた、入社5年めの27才の時でした。会社に見切りをつけ、転職を考え始めました。リクルータに登録はしたものの、希望の外資系企業に転職するには語学が必須。
わたしにはそれが足らない、ときびしい指摘がありました。確かに、大学受験を経験しましたので、英語の文法や読解は問題ありませんでした。が、話す、となるととたんに自信がなくなります。こうなったら、英語力をなんとしてでもつけなくてはなりません。いろいろな選択肢を考えた末、会社を退職、思い切って、アメリカのニューヨークに語学留学することにしました。
え、なぜニューヨークかって。地方出身のわたしにとって、東京はニューヨークと同じくらい遠いのです。東京に出て、苦労するくらいなら、ニューヨークまで足をのばして、はくをつけて帰って来よう、という計算でした。ニューヨークではコロンビア大学の語学講座に通いました。クラスメートはわたしと同じ、英語が母語でない外国人ばかりです。外国人と言っても、スタートラインは同じ。日本人のなかでへたな英語を話すよりもよっぽどラクに英語が話せる環境でした。
6か月間、講座に通いましたが、おかげさまでだいぶ話せるようになりました。日本に帰国後は東京ではなく、東京のとなりの県に本社を置く、外資系企業に就職することができました。数年後には東京の会社に転職することが、目下の目標です。
外資系企業に就職する近道!語学留学で選択肢を広げるへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

留学をしたい方必見!語学留学にも2種類のパターンがある!?

世界中の人々と触れ合うことができた語学留学

2002年~2003年にかけて1年間、アメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨークに語学留学をしました。当時私は大学2年を終えた段階だったのですが、私の属する大学の学部では大学側が用意した特定の交換留学プログラムを使わないと留学時の何らかの経験が単位認定されなかったので、大学を休学し(それでも1学期分は学費を納めなければなりませんでした)、完全に私費での留学となりました。 (さらに…)

留学をしたい方必見!語学留学にも2種類のパターンがある!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

半年間のアメリカ短期留学の効果とスケジュールを体験レポート

半年間あっという間のアメリカ留学

私は大学生の時半年間アメリカに短期留学しました。場所はワシントン州のスポ-ケンという場所で、シアトルから車で6時間くらいかかる場所にある地方都市です。地方都市ではありますが、町はある程度栄えていて緑が多く大きなモールや映画館やレストランは生活に困ることないぐらいにそろってました。バスが発達しているので車を持っていなくても低料金で移動でき、便利だと思いました。
半年間生活していたのは大学の敷地内にある学生寮で、そこの大学の半分位は寮生活の学生ばかりだったので、寮の設備はとても充実していました。食事は基本大学のカフェテリアで3食とります。いつも同じところだとさすがに食事に飽きてしまうのですが、そのカフェテリアの他に、ランチタイムだけオープンするサンドウィッチ屋さんや夜だけオープンするピザ屋さんなど何店舗も大学内にレストランがあったので、半年間飽きることなく食事することができました。
そのほかにも日用雑貨を売るお店や書店もあり、支払いは大学内だけで使用できるカードですべて支払いができるので、面倒な小銭の計算なども必要はありませんでした。またトレーニングジムやプールなどは自由に使えますし、寮にはダーツやビリヤード台もあり自由に使えました。授業は基本常に朝から晩まできっちりあり、授業により建物が違うので広い大学内を移動するだけで大変でした。
宿題の寮も半端なく多く、毎日授業のあとは図書館で勉強したり寮についているスタディルームで夜遅くまで勉強していました。ルームメートはアメリカ人で一つ年上だったのですが、妊娠していて私が帰る半年後にはお腹がパンパンにでていました。日本の大学ではあまりそういう学生を見なかったので、最初は驚きましたが次第になれました。
ルームメートは妊娠中だったのであまり遊びにいくことはなかったのですが、同じフロアのアメリカの学生とは仲良くなり休日には映画に行ったり買い物に行ったりして生活を楽しむことができました。寮ごとに週末にはイベントがり週末にはしょっちゅう寮の最上階にあるパーティルームでパーティをしていました。半年間あっという間でしたが、多くのことを学び多くの人と接し帰国後の自分の人格形成にとても良い影響を与えてくれたと思います。
半年間のアメリカ短期留学の効果とスケジュールを体験レポートへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

人間の順応力に驚き!語学留学で1年で英語をマスター

機会があったらまた留学したいアメリカ語学留学

私はアメリカのニューヨークに2ヶ月半留学していました。ビザなしの短期留学でしたので、90日しかいることができず、これくらいの留学になりました。渡航先としてニューヨークを選んだのは、英語を身につけたかったことと、元々海外ドラマなどが好きであったこと、向こうのファッションや文化が好きだったこともあげられます。
ニューヨークに留学中は語学学校に通っていました。語学学校では、英語を学ぶのですが、向こうでは、教科書通りというよりはカンバセーションがメインで、いろんな国のクラスメイトとたくさんのお話をしました。私はあまり英語が堪能ではなかったので、言いたいことが言えなかったりしてもどかしい思いもたくさんしました。
日本ではそれが恥ずかしいという風潮もあるけれども、向こうでは、わからなかったりすると教えてくれたり、みんなが協力してくれてとてもいい時間を過ごすことができました。またうまく言葉がでてこなくても、身振り手振りでコミュニケーションは取れるのだなと思いました。またあいている時間はお買い物に行ったり、美術館に行ったり、友達とランチしたりしていました。もちろん自由の女神も見に行きました。本当に毎日楽しく過ごしていました。
私はホームステイをしていたのですが、ホストファミリーもとてもいい人たちで、一緒に遊びにいったり、毎日会話をしていたので、英語の勉強にも大変役にたちました。帰る時はすごく寂しかったのを思い出します。毎日が充実していて、毎日が濃くてもう離れたくないくらいでした。しかし、今でもインターネットを通して向こうで知り合った人と連絡を取り合っています。また機会があったら教えてほしいです。今は日本で普通に働いていますが、機会があったらまた留学したいと思っています。
人間の順応力に驚き!語学留学で1年で英語をマスターへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop