海外映画・ドラマを上手く使った英語学習法

Movies
Movies / beverlyislike

活きた英語を勉強するなら、海外映画、ドラマから学ぶのが一番です。日本の学校で学ぶ英語は、少し言葉使いが堅く、「活きた英語」とは少し違っています。
また、学校や英会話スクールで聞く英語のスピードはネイティブが実際に話すスピードよりも遅いはずです。海外に行き、実際にネイティブの英語を聞くと、「スピードが速すぎる」と感じることも多いのです。
そこで、英語をネイティブが実際に話している海外映画、ドラマを使って学んでみましょう。ドラマには、日常的なエピソードが多く、スピードや語彙に関しても日常使われている英語を習得することができます。

まずはDVDを用意しよう!

デカ字幕
デカ字幕 / jetalone

海外ドラマや映画はテレビでも放送しています。しかしそれでは音声選択(日本語、英語)、日本語のサブタイトルあり、なしとしか選択できません。
英語に慣れていない人が、いきなり英語で海外ドラマを見て英語を理解するのは困難です。それに、日本語のサブタイトルを見てしまうと、どうしても目で日本語を追ってしまうので、英語を聞こうとする努力をしなくなります。そのため、英語を学ぶためにはテレビは最適ではありません。
DVDには、音声選択(日本語、英語)があるほか、サブタイトル(英語、日本語、なし)の選択ができます。字幕を切り替えることができるので、聞き取れないセリフを英語字幕で確認できることができます。
最近では、レンタルショップでも多くの海外ドラマ、映画がレンタルできるようになりました。教材費もあまりかからないのも、海外映画、ドラマを使って学習をするメリットです。

英語を英語で聞き取ることが大事

Ear Candle
Ear Candle / iBjorn

ドラマや映画で英語を勉強する際には、英語を英語で理解するようにしましょう。それには英語を聞き取れる耳を作ることが必要になります。
英語を聞き取れるようになるには、短期間では無理です。短くても3ヶ月以上の期間を使い、英語を学習しなくてはいけません。興味のあるドラマや映画だと、英語を楽しく勉強できるはずです。それが映画、ドラマで英語を学習する利点です。
自分で好きな教材を選び、楽しみながら英語を勉強してみましょう。それには、英語の音声でドラマを見るようにしましょう。はじめて英語で見ると、ネイティブの話すスピードが速すぎて理解できないはずです。しかし、1回、2回、3回…と聞いているうちに、聞き取れるようになってきます。

聞き取れなかった英語は字幕で確認

Watching TV
Watching TV / oddharmonic

ドラマを見ていると、英語を聞き取れないところも多いはずです。何度繰り返して聞いてみても、理解できないときが多くあるはずです。
そんなときに、英語の字幕はとても便利です。字幕機能を利用することで、英単語を確認することができます。そこで注意してほしいのが、あくまでも、英語字幕を利用するようにしましょう。日本語字幕で内容を確認しても力になりません。
「英語で聴く→理解できないところは英語字幕で確認→それでもわからないところは辞書で調べる」このような順序で学習をしていくようにしましょう。日本語を使わずに英語を学習することで、英語を英語で理解する力がつきます。
そして、好きな映画、ドラマで学習することで、机に向かって勉強するよりも早く英語が身に付きます。楽しみながら学習できる点、ネイティブのスピードに慣れることができる点からも、海外ドラマと映画を使った英語学習は大変効果的です。

続きを読む

リーディング上達の第一歩は苦手意識を無くすことから

Pleasure / Reading
Pleasure / Reading / CarbonNYC

グローバル化が進む中、多くの日本企業が英語を取り入れています。年々日本人の英語に関する関心度は増えてきています。しかし、日本人は中学校、高等学校と英語教育を受けているのにも関わらず、英語を流暢に話せる人はごくわずかです。リーディングは、英語の基礎です。
まずはその基礎を上達させることが、英語の上達へ繋がります。そこで今回は、リーディングのコツについて紹介します。

苦手意識をなくす

FDR:
FDR: “I Hate War” (The Peace Hat) / Tony the Misfit

日本語の本であれば、すらすら読めるのに、英語で書かれた文章を見た途端、苦手意識を持ってしまう人が多いのではないでしょうか。それはただ単純に、英語に触れる機会が少ないからです。
私たち日本人は、日本語を話し、日本語を読み、日本語に日々触れています。そのため、日本語に対して苦手意識を持っている人はいません。しかし、英語に毎日触れている日本人は、ごくわずかです。そのため、英語に苦手意識を持っている人が多いのです。まずは、英語を読む機会を増やしましょう。
短いフレーズでもよいので、毎日英語の文章を読むようにします。英語に対して苦手意識を持っていると、英語を読んでるけど、頭に入ってこない場合が多々あります。その場合は、指やペンを使ってなぞるようにして文章を読み進めていきましょう。指やペンを使うと、文章を意識して読めるようになります。それを続けていると、英語を読むことに慣れ、苦手意識をなくすことにつながります。

英語と日本語の違いを意識する

Spot the Difference
Spot the Difference / gingerpig2000

実際にリーディングをする際に一番ネックになるのが、文法です。日本語と英語は全く文法が違う言語です。英単語は理解できても、文法がわからないと文章がごちゃごちゃになり、内容を理解できないはずです。文法につまずいてしまうと、なかなか英語を読み進めるのに時間がかかります。
そこで英語の本や新聞を読む前に、文法の基礎を理解しておきましょう。中学で習うような基本的な文法で構いません。本屋で売っている初心者向けの文法本や、インターネットなどの基礎英会話のサイトを利用して文法を学びましょう。中学で習うような基礎をきちんと身に着けておけば、あとは実際に英語を読んでいくと力がつきます。文法の基礎を理解して、リーディングの練習をはじめることが、スムーズにリーディング力を上げるコツになります。

続きを読む

英語学習を飽きずに楽しみながら学ぶポイント

Laughing Child
Laughing Child / lanchongzi

英語を楽しく勉強したい、と思っている人も多いのではないでしょうか。ずっと参考書を見て勉強しているだけでは、すぐに飽きてしまいますよね。英語を続けて学習するには、「英語を学ぶって楽しい」と思うことが大事になります。そこで今回は、英語を楽しみながら学ぶコツを紹介します。

自分の興味分野を探す

DVD collection
DVD collection / nickstone333

英語を楽しく学ぶには、自分が好きな分野から英語を学ぶ方法があります。幼児の英会話教室では、子供が英語に興味を持つように、歌や絵本から英語を教えます。楽しく英語の歌を歌っているうちに、自然と子供が英語を学ぶことが出来るのです。
大人も子供と一緒で、自分の興味がある分野から英語を学ぶことで、楽しく英語を学習できます。例えば、海外の俳優が好きな人は、彼らが出演している海外ドラマや映画から英語を学んでみましょう。最近では、レンタルショップに行くと、海外ドラマや、洋画が数多く揃えてあります。DVDを上手く利用して英語を勉強してみましょう。DVDのメリットは、英語字幕に出来ることです。それに、好きなときに停止できたり、聞き逃してもまた戻ってもう一度同じ場面を聴きなおすことができます。聴くだけでは、何を言っているのか理解できなくても、字幕に出ることによって単語や、会話の表現を覚えることが出来ます。
また、漫画が好きな人には英語で書かれている漫画本を利用して英語を学ぶこともオススメです。英語で書かれた漫画や小説は、書店でも取り扱っていますし、amazonなどのオンラインショップでも数多く販売しています。難しい参考書から英語学習をはじめるのではなく、自分の興味分野から英語学習を始めることで、英語学習が楽しくなるはずです。

英語が伝わる喜びを感じる

Conversations
Conversations / bensonkua

せっかく英語を学習していても、英語を使う機会がない人も多いのではないでしょうか。ネイティブと会話をして、自分が言ったことが伝わると、とても嬉しいはずです。その喜びが英語学習を続けるモチベーションになります。たとえ会話をしなくても、メールやチャットを利用して英語を使ってみましょう。英語を学ぶことで、言葉が違い、意思疎通が出来なかった人たちとコミュニケーションを取ることができるようになります。
また、英語を学ぶことは、世界を広げることにもつながります。最近では英会話スクールだけでなく、オンライン英会話やコミュニケーションサイトを通じ、ネイティブと知り合えるようになりました。コミュニケーションサイトを利用することで、昔とは違い、日本にいながらもネイティブと知り合えるようになりました。
そのような便利な機関を使用しながら、英語を積極的に使ってみましょう。ネイティブから英語でメールの返事が来る、相手に自分の言いたいことが理解される、そういった喜びが、英語学習には必要になります。楽しく英語を学ぶには、英語が伝わる喜びを感じることが、とても重要になるのです。

続きを読む

英語の発音が上手くなりたいならとにかく聴くことが大事!?

how to speak dutch
how to speak dutch / Hans_van_Rijnberk

日本人は、世界的に見ても、英語の発音が下手だと言われています。その原因に、英語には、日本語には存在しない音がいくつもあり、日本人はこれを正しく発音できないのです。ネイティブと会話をしても、自分が伝えたいことが相手に伝わらないのは、とても悲しいものです。
いくら英語の読み書きが出来ても、実際にネイティブと会話をしたときに必要なのは、話す力です。相手に自分の言いたいことを伝えるには、英語の発音がとても重要になります。口からネイティブのような発音が出来るようになるには、どうしたらよいのでしょうか。

発音には、リスニングも必要

Self portrait in room listening to Orbital_remix_MMIX
Self portrait in room listening to Orbital_remix_MMIX / andronicusmax

まず、音そのものを耳で覚えることが重要です。耳を英語に慣れさせることが、発音を上手にするコツです。日本の英語教育では、英語の発音に重点を置いていません。そのため、中学、高校で英語を学習しても、ネイティブのような発音ができる日本人はほとんどいません。
また、大人になってから英語の発音を勉強しようとしても、なかなかスムーズにはいきません。それは、子供の耳とは違い、大人の耳はすっかり出来上がってしまっているからです。
そこで、発音練習をすることと同時に、ネイティブの発音をよく聞くようにしましょう。リスニングをすることも発音を上手にするには大事になります。参考書についている英会話のCDを聴いたり、海外ドラマや英語のテレビニュースなどを見て、積極的に英語を聴くようにしましょう。そうすることで、中学、高校で習った英語の発音とは全く違うと感じるはずです。また、英語を聴いているうちに、英語のアクセントや癖にも慣れてきます。

カタカナ英語と英語発音の区別

Japanese Word in the Bags
Japanese Word in the Bags “Strike” / CanadaPenguin

日本人が発音を上手にするには、カタカナ英語の癖を直す必要があります。カタカナ英語とは日本人に分かりやすいように工夫した英語風の日本語です。しかし、カタカナ英語とは気がつかないうちに、ネイティブとの会話で使っているときが結構あります。
発音を上手にするには、カタカナ英語と、英語を区別していくことが大事になります。例えば「イメージアップ」という言葉があります。これを英語と認識している人も多いのではないでしょうか。しかし「イメージアップ」という言葉は、カタカナ英語です。イメージアップは、英語で「improve one’s image」になります。発音を学習するには、このようなカタカナ英語を「正しい英語と発音」で覚えるようにしましょう。

基本からやり直す

Alphabet
Alphabet / subewl

また、発音を学習する際は、英語発音の基礎であるアルファベットの発音から練習をしましょう。最近では、インターネットで発音練習が出来るサイトがあったり、初心者向けの発音練習の参考書が発売されているのでそれらを活用しましょう。難しい発音から学習するのではなく、あくまでも基礎的なところからはじめるようにしましょう。
ネイティブの発音を真似て、口に出して何度も発音練習を繰り返しましょう。発音に慣れるには、実際に口に出して英語発音を覚えることが大切です。発音の基礎であるアルファベットから発音練習をし、土台をきちんと作っておけば、そこから上達していくのは難しいことではありません。発音を上手にするには、基礎をきちんとマスターしておくことが大事になります。

続きを読む

pagetop